天の恵み

6月に入り梅雨の季節となりましたが、梅雨時と秋の長雨では、雨量は秋の方が多いとか。
確かに雨の日のゴルフではあまり合羽は着たくないし、グリップが滑らないように、又ショットでランが少なくなる等ありますが、風よりは集中できると思います。梅雨の恩恵はダムの貯水で、使用量が多くなる夏の水を確保してくれます。芝や樹木や農作物の成育には絶対必要なものですが、ゴルファーにとっても有難い事がありました。6月下旬から7月上旬が紫外線の一番強い時期だそうです。それを厚い雲で強い紫外線をカットし、皮膚を守ってくれるのです。天の恵みはツユからto you(?)ですネ。
教室で「雨の時のコシ>コシは、晴天の時とどう違いますか?」と質問がありました。「素振りをして見て、どう感じますか?」・・・「芝が重く感じる」・・・「インパクトで水滴がフェースとボールの間に入るのでスピン量が減少する?」など、いろいろな意見が出ました。話ばかりでは理解し難いので、「積極的に実習会に参加して欲しい。」
フェース角度、打撃角度、ヘッドスピードなども実感できると思いますよ。楽しくラウンドしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。