サマーキャンプ

千曲高原カントリークラブへ、2泊3日の22クラブサマーキャンプです。今週は日本中、天候が不安定でしたが、無事終了出来て良かったと思いました。
皆さんもテーマを持っての参加、如何に3日で要望に応える事が出来るか緊張しました。車組はお盆の渋滞を想定して早めに到着、電車組は支配人が駅までバスで迎えに来て下さりコースで皆んなと合流。
コースの方々はいつも暖かく迎えて下さいます。
昼食をいただいたらすぐドライビングレンジに移動、支配人と山室社長は昔からの友人、特に使い勝手を良くして頂いています。練習場はラフも残しながらきれいに整備されていて、芝の上から練習をしました。練習場のレッスンで行っている腰―腰10Yキャリー。腰上ワンレバー、9時からキャリーとランの確認をするのに最高です。
最終組がスタートしたあと、コース内練習の始まりです。グリーン廻りから「膝―膝」のチップショットではクラブを変えランの確認。「コースに行くとグリーン廻りは持っているウェッジで行っていたけど、ランの出るクラブを持つようにすれば寄せワンでスコアアップ期待できる」「アプローチで距離が足らなかったのは、地球を打ってからボール。上げようと云う意識が強くセンターが傾いていたのですね。練習場のマットはミスをしてもそこそこ飛んでしまうので」
・・・・夕方は、いつもの日帰り温泉(瑞祥)に立ち寄りサッパリ。夕食はイタリアンレストランでコース支配人の後輩の店を貸し切りにして下さり、暖かい雰囲気で気持ちがゆったり出来て、ゴルフの会話も弾みました。
二日目、ラウンド後の休憩時間には、支配人自ら「フルーツあんみつのかき氷」を用意して頂き大感激、しかもスイカまで!暑さが吹っ飛びます。

夕食はそば処「萱」では蕎麦とお酒が美味しくて大評判。
最終日は良い天気、ハーフは練習成果を実感して、最後のハーフは恒例の「スクランブルトーナメント」です。元気よく廻り始めましたが、途中突然霧で真っ白に・・・、危険がないよう前方を確かめながら2ホール進むと突然サーっと霧が退いて何もなかったよう。晴れて良い天気で終了でした。体調を悪くされる方がいなくてホッとしました。締めくくりは「あんずシュークリーム」を頂きながら反省会でした。

銀座、横浜、所沢、馬込の22クラブの皆さん仲良しになり良かったです。今までより安心して、しかもスコアアップしてラウンドしてくれたら嬉しいです。チャップマンにも出ましょうね!キャンプに参加出来なかった方は、秋のラウンドレッスンでお持ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。