タグ別アーカイブ: 100切り

サマーキャンプ

たくさんゴルフコースで練習し、たくさん長野の美味しい蕎麦他を食べ、たくさん会話をし、少し温泉に入り、とても涼しかった千曲高原カントリークラブ。
そしてスタッフの方たちの温かみのある対応に感謝し、充実の3日間。22クラブ横浜、銀座、馬込の方たちが昔からの知り合いのように仲良く会話し、レッスンを受けてくれる姿がとても嬉しくありがとうございました。コースで使用するショットは四つ、パット、チップ、ピッチ、フルスイング。距離調節をするパット、ピッチは普段スクールでは5つの大きさで練習していますので、それをコースで試し自分の距離物差しを持ち自信につなげて頂きました。パットは曲がりのイメージをし、仮のターゲット設定をみんなでデスカッション、皆さん狙うイメージが出てきて、ラウンドではカップの近くに寄せることが上手くなってスゴイ!コースではエチケット、マナーを守り他のプレーヤーに迷惑にならないラウンド~芝でのアプローチ、広いコースのティグラウンドからカップインまで、どの様に攻めていくと少ないスコアになるか等々。熱心に聞いて実行してくださりありがとうございました。

山室校長先生の最終レッスン

先日、山室校長先生の最終レッスンが銀座校にて行われました。
先生が銀座校でレッスンされるのが最後という事で本当に沢山の方がいらして下さいました。
会員の皆様の様子を見ておりますと私も胸が熱くなりました。先生のレッスンは本当に無駄が無く、一言一言が大切に思います。
今後は、今まで先生が大切にしてこられた思いを受け継ぎ今まで以上に頑張っていきたいと思いますので、これからも銀座校を宜しくお願い致します。

Good Idea

日本一のコースレート77.6で知られる、鹿島の杜カントリー倶楽部で、毎月恒例のベストインダクションインストラクターの研修会が行われました。スタート前、パッティングの練習をしていたら、とてもいいものを見つけました。それは直径7cm位に切られたカップがあったのです。(本来は4.25インチ=108ミリ)
3m~5m位で挑みましたが、なかなか入りません。自然と真剣になってしまいます。これが、後のラウンドに生きました。遊び心と集中力!!とても良かったです。早速、後日のレッスンで用いました。直径7cmのカップを作り、パットをして貰いました。やはり、なかなかカップインしません。次に、正規の108mmのカップに変更したら、「すごく大きく感じる」。よくカップインしました。やはり、集中力が出たのだと思います。とても楽しそうにパッティング・・・・・しかし、ショットの時はもっと大きな目標をつくり、広いゾーンを狙って練習された方が良いと思いますョ。

左打ち

「木の根元にボールが…通常のスイング(右打ち)がさせてもらえない。」こんな時どうすればいいか、休憩中にご質問がありました。こんな時は背面打ち(目標に背を向け、クラブフェースも目標に向けて、右腕とシャフトだけの振り子スイング)で脱出する方法を知っていると役に立つ時があるかもしれません。
本番でいきなりやるのは不安でしょうから、練習場でやってみておくと冷静に対処できるので、みんなでトライして見ました。この場合は、距離は諦め、通常にスイングできる所へ脱出し、次のショットで距離を取り返すことが懸命だと言うこともアドバイスしました。
でも、距離を諦められない場合は、左打ちができると良いこともお伝えしました。右打ちクラブのトウを地面に着く様にしてセットアップし、あとは左のスイングをするだけです。実際にデモンストレーションで打てることを見ていただきました(8Iで100Yくらい飛んでいるかな)。数名の方が挑戦されましたが、グリップは? バックスイングはどこへあげる? などなど混乱されていました。「右打ちの自分が、左打ちの自分に教えてあげればいいですよ。」とアドバイスしましたが、頭の中の混乱は深まるばかりの様でした。
実際のプレーでは使わないかもしれませんが、練習の始めと終わりに左打ちの素振りをすると、疲労度合いをやわらげる効果があったり、体のバランスを整えたりすることができることもお伝えしました(積極的休息と言います。詳しくは別の機会にでも)。ちなみに私は、無雑作に左で打つとドロー系、右で打つとフェード系、どちらで打っても右に行く様です。

こういう事も!!

実習会でのプレーである女性は午前中のティーショットがほとんどミスショットなのにスコア43でした。
継ぐ(つなぐ)ショットとアプローチが良かったからです。
午後は、ショルダーターン、ウエートシフトドリルでタイミングも良くなり、ドライバーが好調に!!・・・なのに、スコア48。ちょっと欲が出てしまいました。今年1月に、目標の100切りを達成してから、益々上達してます。楽しいですねゴルフって。
ミスショットが続いた時、飛球法則から考えて、どうすれば良くなるのか?原則で修正出来るように、又、ドリルをもっと取り入れて、レッスンして行こうと思いました。

月例テーマ「マイゴルフの確立」抜粋

ゴルフの技術は「出来た!」は、終わりではなく始まりなのだ。<青木功>
今終ったショットはすぐ忘れ、次のショットに集中せよ。<ジャック・バーグ>
プレーは結果によって考えず、原因で考えるのが上達の秘訣である。<ベン・ホーガン>
ゴルフはある程度の上品さがなければ、ゲームが成立しない。<ウィリアム・バーク>
時間にルーズな者は、ゴルフに近づいてはいけない。<アーサー・バルフォア>
ゴルフでは「怒り」が最大の敵である。<ノーマン・フォン・ニーダ>
ボールが打てて半人前、ルールが分かって一人前。<ジョセフ・ダイ>
卑しきシングルより、正直なダッファーたれ。<ボビー・ジョーンズ>
ちょっとした見栄が、ゲームを台無しにする。<アーノルド・パーマー>
グッドウィナーであるとともに、グッドルーザー(良い敗者)であれ。
ショートパットは、ロングパットと同様に難しい。
パットラインを読み取るのは、常に第一感が正しい。

上達の実感

先日、ゴルフへ行った報告をしてもらいました。
ゴルフを始めて、ちょうど1年が経ち初ラウンドでプレーしたコースへ行かれたそうです。初ラウンドの時は緊張のせいか、あまり覚えていないとの事。
しかし、今回はスコアカードを付けられた・キャディーさんと会話ができた・仲間とのゴルフ話も聞き取れた・プレーしながら周りの景色が見れたなど、いろんな事でゴルフを楽しめたそうです。
ご本人は「初めは、すぐに止めようかと思ったけど続けてて良かった」とシミジミ話してくれました。スコアカードを見せてもらうとスコアは133。22clubはパーの倍144からがスタートです。ラウンドに行くたびに1つずつスコアを縮めていきましょう。次回のラウンドは132が目標にしましょう。来月にラウンド予定が決まっているそうです。また、楽しめると良いですね。楽しい報告を待っています。

梅雨のゴルフ

梅雨の季節は十分な準備をしておけば雨でも普通にプレー出来ます。雨具はもちろん、予備のグローブ、タオル、着替えも多めに用意しておけば大丈夫です。
梅雨時のラフからのショット、湿った芝、水分を含んだバンカーなど、良い天気のコンディションとは違ったゴルフの体験が出来ます。そして、なかなか体験できない事が、後のゴルフ役立つ事でしょう。今回、雨の中参加した方も普段より集中してプレー出来たとか、目標をはっきりと決めて打てば結果につながったと。普段から、慎重に大胆にゴルフを楽しんで頂きたいですね!

キャンプを終えて

恒例のスプリングキャンプがゴールデンウィーク中に3グループに分かれて行われました。
今回はスパ&ゴルフリゾート久慈(久慈ゴルフガーデン)で、私は5月2日から4日の日程を担当させて頂きました。銀座校、馬込校から21名の方が参加して下さいました。3日間とも絶好のお天気で、皆さんの日ごろの行いが良かったのでしょうね。
キャンプは3日間続けてコースにいることで、コースに慣れる、度胸がつく、課題の克服として有意義なイベントです。日頃のレッスンでゴルフ三昧ですよとお話していますが、日の出から日没まで好きなだけボールを打つことも可能です。もちろん、自分のペースで無理しなくていいのです。夕食後には少し飲みながら一日を振り返って、みんなでゴルフ談議。皆さんやっぱりゴルフが好きなんですね!
たくさんの仲間も増え、ゴルフを通して皆さんの今後の楽しみに繋がると思います。コースの方々も協力して頂き、本当に感謝です。参加された皆さん、お疲れ様でした。そして有難うございました。またいろいろなイベントでお会いしましょう。

キャンプ

毎年行われるキャンプに、今年も日程を合わせご参加ありがとうございます。リピーターの方、初めて参加の方、体力に応じて3日間ゴルフの事のみ考え十分満喫していただきました。皆さんの要望に合わせ、アプローチ、バンカー、傾斜からのショット、
ティショット、自分のテキストにメモを取りながら、勉強していただきました。特にアプローチの成果が出て、ラウンド中、仕草が落ち着いてきたように思いました。これからのラウンド楽しみですね。6月はゴルフトラベル、実習会等盛りだくさん、ぜひ参加してください。