22クラブスタイル練習計画

最近、ハワイの事ばかりアップしていますが心配なのは皆さんの春デビューの準備です。
先週の22クラブのホームプログラムは「5つのスイングと5つのストローク」でした。
意味を正確に把握して頂くように横浜では解説させて頂きました。

話は変わりますが、・・・・・4週で2度の惜敗勝利に飢える松山英樹「大事なところでダメ」なんて言う記事が記載されています。そして、「米国男子ツアー「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」。10アンダーの2位から最終ラウンドをスタートすると、後半に一時単独首位に立ちながら、ブルックス・ケプカに逆転負け。「67」の奮闘むなしく通算14アンダーの2位に終わった。」と綴られています。

4週で2回も優勝争いを出来た事は素晴らしい成長ですよね!メディアは性急な結果を求め過ぎていませんかね?・・・プロ(結果)の世界の事だから、仕方がないのかな?松山君、頑張って!

私なりに彼の心と技術について考えてみると、皆さんと同じで「大切に行こう!」と思えば身体が動かなくなる。また、右サイド優先の動きに成ってしまい「流れるようなリズムがぎこちなくなる」
彼の場合も同じ様に見えました。特に14番、首位に立っていた場面で下りのパッティングを大ショート、そして結果は3パットしてしまった。その後も同じストロークでチャンスを逃してしまいました。
パッティングでもバックスイングからダウンスイングに移る際に、左からのリードでストロークしなければならないのに【右サイドから押してしまうストロークに】・・・結果としてボールは地面に押し付けられて順回転が出来ず、止まってしまったり、方向がずれたりしてしまった様に見えました。
でも、最終ホールはいつものストロークが出来たのですが【ラインが読みが合わず】に入れることは出来なかった!残念だけれど最終ホールのストロークはいつものように素晴らしかった!

さて、毎年以下の様な22クラブスタイルの練習計画を提案していますが、皆さんの準備はいかがでしょうか?
数多くのプレーが出来ない私達には【無駄の無い、合理的な練習】で上達を目指すのが一番だと思います。今一度、練習計画を確認してレッスン中【1行メモ】を!これを復習して下さいね!

22クラブスタイル(年間練習計画)

1月 基本の再確認(GASPMと自分のチェックポイントMEMO作成)
2月 チェックポイントMEMOに従って反復練習
3月 コースで試運転開始(コースマネジメント=自分の攻め方MEMO)

22クラブスタイル練習計画」への2件のフィードバック

  1. 横浜校 森川さんより(山室代筆)

    ・2月1日日曜日、横浜校で、長いパターマットを用いたパッティングのレッスンで、下りのパットはしっかりとフォローを出すこと等、諸々のノウハウをいただきました。翌月曜日、フェニックスオープンの松山選手。14番の下りのファーストパットはなんとなくぎこちないストロークで結局スリーパット、それ以降は、パットのフィーリングを失い、バーディを奪えず一打差の2位。三日目の惜しいパットも含め、一番悔しい思いをしているのは松山選手本人だと思います。あらためて、一打の重みを感じた日でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。