タグ別アーカイブ: シャフト

インサイド>イン

パッティングについての提案をしましたが理解できますか?
パターをセットアップした時に、地面とシャフトに出来る角度(ライ角)があります。その時にシャフトの下面に想定されるターゲットラインに平行な仮想の平面をシャフトプレーンと言います。
バックスイングの際、その平面をなぞるようにシャフトを動かすことが、正しいスイングの始まりです。つまり、クラブヘッドは自然にインサイドに引かれる事に成ります。その後、フォワードスイングでもシャフトプレーンをなぞって行くようにする事が大切です。するとクラブヘッドは、ターゲットラインから離れ、インサイドに向かいう事に成ります。これが「インサイド>イン」です。
クラブフェースは、常に自分のセンター(軸=ポロシャツのボタン?)と同じ向きを保つことでインパクトではターゲットラインに直角になります。(正しい、順回転に成る)
つまり、パッティングや他のクラブも、インパクト後のクラブフェースは目標の左を向くはずです。これが正しいのです。
「まっすぐ引いて、まっすぐ出す」・・・これが間違いではありません。「まっすぐとは、シャフトの延長線がターゲットライン状を指すこと」・・・フォロースルーでも同じようにする事を言っているのです。もっと詳しく、お話ししたいのですがここでは無理ですので先生方から話を聞いて「パッティングの名手」に成って下さい。
ゴルフ格言を二つ:
「パット・イズ・マネー(プロ)=パットがスコアを縮める(アマ)」
「ネバー・アップ・ネバー・イン=届かなければ入らない!」