タグ別アーカイブ: 鶴舞カントリー倶楽部

月例研修会報告(鶴舞)

最高な天気でしたよ!今年になって最も暖かく、春を五感で感じられました。
参加者の方々は、それぞれの目的があったようですね。チャップマンズトーナメントの準備、初めての月例参加、スコアメイク、鶴舞カントリー倶楽部(東)への再挑戦など。
さて成績は、優勝:岸美由紀さん(銀座)、第2位&BG:竹内絵里さん(銀座)、第3位:合川幸子さん(馬込)、男性BG&第4位:斎藤努さん。
桜の花が咲き誇り、青い空と白い雲、白球が描く美しい軌跡…やはり、ゴルフはイイですね。

私も、ご一緒にプレーした方々と楽しくラウンド出来ました。月例のルールでは、上位3名の方と私が「次回、一緒にプレーする事」になっています。次回は、6月8日(木)富士桜CCです。ここは、2009年~2010年のフジサンケイクラシック・トーナメントで石川遼が2連覇したり、レディストーナメントも開催された名コースです。是非、参加して下さい。

チャップマンズトーナメント鶴舞CCの下見

昨日は、スタッフ研修会を兼ねて鶴舞カントリー倶楽部(東)コースをみんなでラウンドして来ました。
コース側によると「風通しや日差しがそそぐようにコース内の樹木を沢山伐採しました!」とのこと。コース内でたくさんの【切りかぶ】が目に付きました。陽が林の奥までそそぎ、木々も生き生きして見えました。でも、切られた木々が可愛そうにも見えましたね。
コースは良く整備されていて、グリーンの仕上がりも良かったですね。
皆さんをお迎えして開催する大イベント【チャップマンズトーナメント】にふさわしいコースでした。
まだ、お申し込みが済んでいない方々は、早くエントリーを済ませましょうね。
そして、今回も「みんなで、集い、学び、競い・・・そして、楽しみましょう!」

(追伸)三山先生も元気にラウンドする事が出来ましたよ~。

チャップマンズトーナメント受付開始!

22クラブ恒例のエンジョイゴルフトーナメント。
第38回【インタークラブ チャップマンズトーナメント】
12月4日(金) 鶴舞CC西コースは、本日から受付開始です!
みんなで「集い」「学び」「競い」・・・そして「楽しみましょう!」

第36回チャップマン

2014年12月5日(金)鶴舞カントリー倶楽部(西コース)
参加者:ストローク46名、スクランブル56名 合計102名
皆さんの「ゴルフ愛」は凄いです!前日の寒さと風雨は嘘のように「快晴、微風」の絶好のコンディションでした。でも、ゴルフの神様はチョットだけ意地悪でした。スタート前にいきなり「雨を降らしてみんなをビックリさせたり」・・・プレー中には「小さな雹(ヒョウ)」まで。
でも、皆さんの熱気で気温も上がって快適にプレーが出来たようです。
鶴舞カントリー倶楽部(西コース)は、2104年のサイバーレディス・トーナメントが開催された名門コース。でも、それだけ難易度も高いコースです。普段、皆さんがプレーをするコースよりも3打から6打は、スコアが悪くなるはずです。皆さんは、どうでしたか?
DSC_0029DSC_0027
ストローク
【22位賞】
可愛いでしょ!

鶴舞CC(西コース)

今日はこれからBest Inductionのスタッフ研修会で「鶴舞カントリー倶楽部」に行って来ます。
12月5日(金)のチャップマンズトーナメントの下見を兼ねて「コースマネジメントの研修」をします。
西コースは距離のあるパー4やプレッシャーの掛かるパー3、ドッグレッグなどがあり「攻めと守り」が上手く調節出来ないと「大叩き」をしてしまうコースレイアウトです。
普段からレッスン中によく使われる・・・「レイアップ=急がば回れ=勇気あるキザミ」や自分の力量(ハンディキャップ)を知って攻めなければ、コースに跳ね返されてしまいます。
何でもかんでも「バーディーやパー狙い」では冷静さを失い・・・歯止めが利かなくなってしまいますよ。
先生方も大丈夫かな????

報告(鶴舞下見 兼ラウンドレッスン)

11月13日と20日に黒沢先生が鶴舞カントリー倶楽部西コースを使用してラウンドレッスンを開催する予定です。
私もリクエストがありましたので、11月19日(水)に2組でラウンドレッスンをする事にしました。現在、4名のリクエストがあります。希望の方はお申し出ください。
行って見たい方は、別日時でも開催させて頂きますのでご連絡を下さい。

月例報告(箱根CC)

仙石原って、イイ所なんですね。素敵なホテルやレストランなどが沢山あって、またゆっくり訪問したいと思いました。
ところで、箱根カントリー倶楽部も最高でした。広々と雄大に展開する18ホールは思い切りショットが打てるし、レイアウトも様々でホール毎に楽しめたようです。
米国のコース100選を選ぶ指標として・・・良いコースとは、「ティーショット」「グリーンオン」「パッティング」のそれぞれの場面で【ハラハラ、ドキドキ】させるそコースだそうです。箱根CCはその点では最高なコースでした。
今回は優勝が「吉松さん(馬込)」第2位は3回連続で「真野さん(葉山)」それに、第3位には「合川さん(馬込)」が入賞しました。
前回(第2位:白石さん=馬込)に引き続き、合川さんと女性が連続で入賞したことはとても、嬉しい事です。男性も頑張らなくっちゃ!・・・ね。
ゴルフは老若男女が技量に関係なく一緒に楽しむ事が出来る【生涯スポーツ】として世界中で楽しまれています。それは【ハンディキャップ】があるからと言う事を忘れないで下さいね。
ハンディキャップは、プレーヤーの「努力目標」として・・・更に、技量の違うゴルファーが「平等」に競い合えるゴルフ特有のツール(道具)として、世界中に浸透しています。
JGA(日本ゴルフ協会)も2014年からグローバルスタンダードなUSGA(米国ゴルフ協会)のコースレート/スロープ・レートシステムを本格導入しています。(※詳しい事は先生に聞いて下さいね)

次回は11月6日(木)に茨城県の名門「茨城ゴルフ倶楽部」で開催します。皆さんも是非、参加して下さい。
12月5日(金)には今年の締めくくりとして「インタークラブ チャップマンズトーナメント」が鶴舞カントリー倶楽部(千葉県)で開催されます。
22clubのコンセプトは「みんなで・・・【集い、学び、競う】・・・そして、【楽しむ!】です。
これからも、みんなでゴルフを思い切り楽しみましょうね!

チャップマン報告(その1)

 2013年12月6日(金) 第34回チャップマンズトーナメントを、鶴舞カントリー倶楽部(東コース)で開催しました。
12月にしては、気温も高く最高のコンディションの中、112名の方々が3つのカテゴリーにエントリーしてプレーを楽しみました。
各カテゴリーの優勝は、以下の通りです。
ストロークプレーの部は、在籍20年の「福島カツ子さん=横浜校」
NEWチャップマンの部は、「大野勲、曽我顕さんペア=横浜校」
スクランブルの部は「小沼努、立花久美子、北本佳寿子、野村チヤ子さん=横浜校」のチーム

ベストグロス賞は、ストロークの部(女性の部)「外崎恵美子さん=馬込校」と「福島カツ子さん」、(男性の部)は、「吉松勲夫さん=馬込校」・・・外崎さんと吉松さんは初受賞でした。更に、NEWチャップマン部は「鈴木誠一、節子さんご夫妻=横浜校」、スクランブルの部は2チーム同グロスでしたが、「優勝の横浜校チーム」と「高橋譲一郎、彩子夫妻、小林君江、永沼藍さん=花見川校」が獲得しました。

全ての結果は、別途発表させて頂きます。

ここで、皆様ががお持ち帰りになった成績表の「ストロークプレーの部」の下段に「失格」との記載がありましたでしょ?
この失格は、【涙が出るほど嬉しかった!】のです。
午前のハーフを終了した時に「実は、このような事をしてしまいました!」と自己申告をしてくれたのです。

あるグリーンで、ボールマーカーをずらしたあと、元の位置に戻さずホールアウトしてしまったそうです。(誤所からのプレーになります=修正してプレーすれば1罰打)
その後、それを修正せずに次のホールの第1打(ティーショット)を打ってしまったので、その時点で【失格】となるわけです。これも、「良くルールを勉強」していたからこその「自己申告」です。
彼女が「素晴らしいゴルファーに成長した証しですね!」
失格はとても残念でしたが、この行為には【とても嬉しく、感動しました!】

美化して上げたいのですが、あえて言わせてもらいます。このような行為は当然の事。
【ゴルフファーズ・オネスティー】・・・ゴルファーは、すべて正直者である・・・これが、ゴルフの原点だから。

<ゴルフの格言>

ゴルフにレフェリーはいない。プレーヤーは、自らがレフェリーであって、
すべての問題を裁決し、処理し、責任をとらなければならないのだ。
< ホラス・ハッチンソン>

スコアを誤魔化さなかった私を褒めてくれるのは、
銀行強盗をしなかった私を褒めてくれるようなものである。
<ボビー・ジョーンズ>

以上、報告(その1でした)

チャップマン会議終了

昨日、29日(金)に銀座校でスタッフ全員が集まって【チャップマンズトーナメント】の最終打合せとシュミレーションを行ってくれました。私は片貝ガーデン(九十九里)での仕事に従事させて頂く約束でしたが、朝5時には銀座校に打合せ用のファイルを送信。さらに会議3分前に「司会進行マニュアル」を掛け込みで送信(さ・せ・て頂き?ました)
でも、毎年スタッフ全員が力を合わせて皆さんを「お・も・て・な・し」しようとする姿勢は嬉しいですね。
前日には「保坂先生」が鶴舞カントリー倶楽部まで行って最終打合せを済ませてくれました。
きっと、素晴らしいイベントになると思います!・・・・みんな、ありがとう!

倍返しですか?

 思い悩んだ末に9月20日(金)の早朝に「インストラクションを中断します」と、ブログにアップする時はとても「悲しく、寂しい気持ち」で思い切ってブログの更新ボタンを押しました。
横浜校と銀座校の皆さんの顔が頭に浮かび・・・申し訳ない気持ちで心がとても痛みました。
また、同じくスタッフにもメールでその旨を伝えました。
その日は、BIスタッフ研修会で川崎国際CCに行かなければならず、スタッフ達がどんな表情をするのか?「重たい気分」でコースに向かいました。
「やはり、決断したのですね!」とか「すみません!」などなど、スタッフから言葉を掛けて貰いながらティーグラウンドへ。
ショットは軽いドローでFWへ・・・・「今日はやる気ですね!」と声が掛り、私は「うん、思い切ってやるしかない気分なんだよ」・・・
でも、皮肉なものですね。・・・・ドライバーは思った処に飛ぶし、ドローとフェードは思い通りに掛るし・・・どうなってるんだろう?
そして、16番のPAR3 150yd・・・ピンはグリーン左側、センターより5yd奥、風は左後方からややフォロー。「8番アイアンで打って見るね!」と告げたあと、ピンの左に打ち出したボールは、落ち際にフェードしてピンの2~3m手前の落下して、スライスしながらホールカップにコロンと落ちる【エース達成!】・・・・なんで?今日、入らなくてもイイのに・・・・複雑な気持ちでした。
インストラクションを中断した途端にエース・・・さらに、暫く避けていたセミナー企画会社から「そろそろ、原稿を書いてくれませんか?」・・・から始まって、あちらこちらからのアポイント・・・BI関連の仕事など・・・「中断」してから忙しいこと!
皆さんの気持ちが【倍返し】で私に振り掛って来ているようです。
パソコンに向かいっ放しの毎日で「右肘と腰は悲鳴を上げています!」
昨日、チャップマンズトーナメントの打ち合わせに行った「鶴舞カントリー倶楽部」では、飛ばないし、曲がるし、3パット連続だし・・・。どうなっているのでしょうね。早く、インストラクターに戻らないと・・・・。
でも、皆さんにレッスンすることが出来ないのは「と~ても、寂しい!」