スパット(目印)の思い出

早いもので、もう3月ですね!ゴルフ場に行く予定も、そろそろ増えてきたのではないでしょうか?普段のレッスンの成果が出るといいですね!特に山室校長先生のビブログでも書いておられる「22クラブ推奨のプリショットルーティン」は、大切です。
毎回のレッスンで皆様にお伝えしておりますが、その時必ず思い出すシーンがあります。以前、小学生の男の子をレッスンした時、コースでターゲットラインにスパット(目印)を見つける!と言って、ボールとピンフラッグの後方に立ち、ターゲットラインを確認し、クラブフェイスをボールの横にセットしたその時「先生!目印なくなっちゃった!!」と大きな可愛い声で言っていた事を思い出します。「どうして、無くなるの?」と聞いたら「葉っぱにしたら、葉っぱが風で飛んで行っちゃった~」ですって(笑)
その時の教訓で今でも皆様には「スパット(目印)は、葉っぱじゃない方が良いですよ!」と言う事にしています。とっても、可愛くて忘れられない思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください