ハワイ恒例のエンジョイ・トーナメント (4日目)

スクランブルゲーム方式で行い各チーム「バーディーへの挑戦」です。「責任ティーショット:ショットの結果を考慮しながら18Hs中に1人3回選択されなければいけない」を何処で使うか?が結果に大きく影響しますので戦略のトレーニングになります。
ニアピン賞や3役(OB以外で大奥:最もグリーン奥へボールを止めた方、左大臣・右大臣:最も左右へボールを止めた方)などのお楽しみ賞や今回は2番、11番のPAR3には「ギャンブル・バンカーと銘打って(第1打選択ボールをバンカー内チョイスし、なおかつそこからカップイン=バーディー(220ドル)又は2打でカップイン=パーであがったチームに山室先生からボーナス(110ドル)が用意されていました。
私もゲームを楽しもうとバンカーを狙いましたがボールが曲がり見事にバンカーを避けバンカーに入る事はありませんでした。堀江チームはチャレンジしましたがボーナス獲得はならなかったようです。(後にここのボギーが運命を分けるとは・・・)
私(松井)のチームはと言うと1番ホール横田さんの放った2ndショットがピンに絡みバーディースタート。5番バーディー、6番は横田さん奥さんが12m程のパッティングを決めてバーディー、9番も楽々バーディーで前半4アンダー。後半はしばらく我慢のホールが続き16番チップインバーディー、17番も楽々バーディーとトータル6アンダーフィニッシュです。
「プランテーションコースをこのスコアなら優勝だね!」なんてハウスに戻ると20分後坂本チームが7アンダーとつかの間の優越感とがっくりのさなか、留めは山室先生チームの9アンダー!「え~どうやって出すの?私のチームはもう削りようがないのに・・・」参りました。結果グロスの成績は1位:山室チーム9アンダー、2位:坂本チーム7アンダー、3位:松井チーム6アンダー、4位:保坂チーム5アンダー、5位:タイ堀江チームと新田さんチーム4アンダー、7位:黒沢チーム2アンダーでした。
表彰式クライマックスはペリア方式(6Hs)でのハンデキャップ決め(今回は計算し易いように2にしました)新大奥に任命された坂上さんに6枚ホールナンバーカードを引いて貰いハンデキャップ対象ホールは(1番、6番、11番、13番、16番、18番)と決定しました。グロス階下ら結果を見ると黒沢チームは1バーディーが入りハンデ+2でネットイーブンパー、新田さんチームは2バーディー2ボギーでネット4アンダー、堀江チームは1バーディー2ボギーでネット6アンダー、保坂チームは4バーディーでネット3オーバー、松井チームは3バーディーでネットイーブンパー、坂本チームは3バーディーでネット1アンダー、山室チームは2バーディーでネット5アンダーとスコアが変わり、最終結果堀江チームが優勝しました。11番ホールでギャンブルに挑戦しスコア・ボギーになった事が順位に影響が出たようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください