レッスン関連」カテゴリーアーカイブ

富士登山の9合目みたい!

いつものように金曜日にホームコースのメンバーから招集メールがありました。「エッ、西コース!」・・・予想気温が38度~40度なのに「西は徒歩プレー専用」なのに先輩たちは大丈夫かな~?と「前回投稿の夏ゴルフ準備」をして行きました。
案の定、後半の14番辺りで「歩く速度が遅くなって来たので」保冷バッグから「氷を入れた袋」を取り出し先輩にお渡しし、「冷たいおしぼり」も・・・。半分凍ったポカリも・・・。
「何でも出てくる魔法のバッグだね!」と、少し元気を取り戻した様子で一安心。
17番では「富士登山の9合目みたいだよ !」と言いながら、何とか無事にホールアウトしました…「良かった~♪」
ここで、【ホールアウト後の入浴】について私の対処法をご紹介しますが、お役に立てば。
まず、冷水シャワーで膝から下の部分を十分冷やします(私に場合は右ひじも冷やします)・・・その後、温水にして冷やした部分を今度は温めます。これで血行が良くなり「足がツル」ことも防げます。その後、体と頭を洗い、浴槽には入らず浴室を出て「冷水」を飲み「のんびり」着替えをします。
そして、帰りの車中では「凍らせたポカリ」が半分溶けていますので、それを飲みながらサングラスをして「慌てず、ゆっくっり運転」して帰宅します・・・。
皆さんも、良い方法があれば「投稿してくださいね!」

すべての要望を完遂!

今回の参加者から要望は、やっとの思いで最終日に完遂することが出来て「ホッとしています!」
参加してくれた皆様が私の言うことをしっかり聞いて下さったお蔭で・・・スライサーが「ドローボールを打てないものか?」は、見事なドローボールを連発して完了。スコア「70台で」の要望も「スイングの改良とパッティング技術向上」で自己ラウンド前半では「2オーバー」でラウンド出来ました。
また、「スイングの安定や2打目以降のミスショットが課題」も「スイング改造と考え方」で最終日には余裕をもって「81」でラウンドて来ました。「70台が見えて来ました!」と言っていました。
安定したスコアでラウンドしているにも関わらず、私が「スイング改造」を提案し「飛距離アップとアイアン、アプローチ」で本当のシングル入りを果たさせたかった方は「4日目の最終ラウンド見事にコツ(光)をつかんだようでした!」・・・私は「とても気持ちの良い疲労感を味わっています!」
肝心の「自主トレ=私の課題」であった「テンポ、リズム」も、4日間を通して皆さんへのアドバイスやデモンストレーションをお見せする緊張感が、良い結果となり目的達成!
※それにしても私たちにコースを自由に時間無制限で使用させてくれた千曲高原、山崎支配人とキャディーマスター、休憩時間に「かき氷」や「果物」を用意してくれたスタッフとレストランの皆さんには「大感謝!」です!

曲がってもイイですよ!

サマーキャンプ2019(8/10~12)が近づいて来ましたが、台風も8号、9号、10号と立て続けに3つも発生していますね。
「台ちゃん!」フック?、スライス?・・・大きく曲がってもイイですから!今回はストレートは禁止です!日本列島を避けて行ってくれないかな~♪
私には「台ちゃん」をインテンショナルフックもスライスも掛けられないので。

夏ゴルフは準備次第!

夏ゴルフは「準備次第」で比較的快適にプレーが出来ますよ。
秘策ではありませんが、私の場合「保冷バッグ」に凍らせたポカリ1本と凍っていないポカリを1本+塩田ブレット。そして、前日、冷蔵庫で凍らせ小タオルのおしぼり2本、それに「氷嚢」または「ビニール袋に詰めた氷を一袋」。時間を見て氷袋の半分をは「カートに備え付けのペットボトルケース」にあけてしまい「氷水」にして「おしぼり」を常に冷やしておくこと。
それに、ハーフが終わって昼食前にウェアを着替えること。(時には、下着も・・・)
ここで、コースが準備してくれていれば、氷と飲み物を補充しましょう。
これだけ準備してもプレー中に「頭が痛い!」と感じたらプレーを中止することも、考えましょう。決して無理をしてはいけませんよ!

上達過程で大事なことは

毎回、キャンプの前に皆様から「レッスン希望シート」を提出して頂きます。
キャンプ中に「何を、どうしたいのか」「その他の要望」を集約して最終的にキャンプ・メニューや時間配分を先生方が決定します。※遠慮なく記入しましたか?
皆様から提出された内容を見ると「HDCP=スコア」が大体判断できます。これは、だれでも初心者から徐々にレベルアップして行く過程でおとずれる「課題」や「苦手」が同じ道を辿るからでしょうね。
例えば、「斜面から」「アプローチ」「バンカー」「ラフ対策」などが多いです。レッスン中やコース実習会で先生がお話しするショット時の「考え方」と「心づもり=結果予測」を聞き逃している方が多い様です。
最も簡単なアプローチ時の考え方は、まず「クラブ選択」・・・グリーンまでの間にバンカーやハザードがない場合は、➀パターではオン出来ないか、②7・8・9番で転がせないか、と考えることが一番易しく「寄せワン」が取れるのですが「PWやAW、SW」を選んでしまう方が多い様ですね。22クラブのアプローチの考え方は・・・➀乗れば良い、②寄れば尚良い、③入れば死んでも良い・・・失敗は「乗らないこと!」でしたね。ボールのライがラフだったり、グリーンまでの間にバンカーなど障害がある場合は「PWやAW、SW」でショットしなければなりませんが。
パターでアプローチしたら「カッコ悪い!」なんて思っていないでしょうね。
グリーンに乗らなければ「1パット」はあり得ませんでしょ?また、パットが入りやすい場所について思い出しましょう。それが「寄せワン」の確率を大幅にアップさせてくれます。その他の課題の「斜面」「ラフ」「バンカー」についても、もう一度レッスンノートを見直してご覧なさい・・・ヒントがたくさん書いてあるのでは?

アンイーブン・ライ(斜面)が苦手に!

最近は、平坦なホームコース(茨城GC)でラウンドが多いので、よほどのミスをしない限り「斜面」からショットすることがありません。
このところ月例研修会やスタッフ研修会でラウンドしたコースはアップダウンがあり、どうしても斜面からショットする機会が多くありましたが「なかなか上手く処理が出来ませんでした!」
対処策としては・・・
・左足下がりでは残り距離に関係なくロフトの多いクラブを選択する。
・スイングをコンパクト(1/2、3/4)にして確率を高める。
・傾斜の度合いによって左右の曲がりを大きく予測する。
これらで対処することは理解していますが、どうしても攻め過ぎてしまいミスをしてしまいます。
練習場で斜面をイメージした練習を多くしないといけないと、思っています。
自主トレキャンプの千曲高原CCなら、いやでも実践練習が十分出来るかな?(苦笑)

二つの喜び

今日は、花見川校のマンスリー講座の日でしたが、皆さんの出来栄えに満足でした。やっと、22クラブの「シンプル・イージーに学ぶ」が浸透して来ました!(※長い間の誤解や不適切な表現がやっと解消できたようです)
もう一つの喜びは「昨年2位が4回」だった私の一押し「小祝さくら選手」が初優勝しました!
二つの喜びで「今日のビールは美味しいぞ!」
22クラブの会員の皆さんも良い知らせが合ったら、このビブログに「投稿して教えてくださいね!」

自主トレサマーキャンプ2019(千曲)

今年も「自主トレキャンプ」が近づいて来ました。
参加者の皆様にお送りするご案内状やコースやホテルとの確認事項など準備は出来ました。
毎年感じることは「参加者の方々が熱心に取り組んでくれること」です。
私も一緒に行う自主トレキャンプですから、少々辛口のアドバイスになる事もありますが、しっかり反応してくれます。
また、千曲高原CCの山崎支配人はじめスタッフの皆さんのホスピタリティーには、いつも感謝です。
4日間のラウンドとラウンド後のコース内練習では、コース中を縦横無尽に使って来ます!

馬込校でスクール説明会開催

6月に開催した「馬込校のスクール説明会(山室)」では参加した皆さんから
「講座の後にスイング練習をするのですね!」
「何をどうすれば良いか、良く分かりますね!」
「仲間と一緒にコースに出るので安心です!」…などのコメントを頂きました。
また、経験者コース(レベルアップクラス)では
「スクールでは、こんな事まで教えてくれるの!」
「スコアがまとまらない理由が良く分かった!」
「理論的なレッスンなのですね!」…こんな意見もありました。
今回は坂本先生が担当しますよ!
「ご友人やご家族」に教えてあげて下さい。お気軽にお申込み頂けたら嬉しいです!

1週間のご無沙汰でした!

先週土曜日から1週間ぶりの投稿となってしまいました。この間の出来事や感じたことを勝手気ままに書いて見ます。
<こんなプレーは見たことない!>
絶不調の私のプレーに対する多くの方々のコメントです。
BIスタッフ研修会の最終ハーフで坂本先生から始まり、茨城GCのいつものメンバーさん達、由紀枝ちゃん、竹内絵里さん(姉ヶ崎CC)、高校時代の友人3人(多摩CCで)…皆さんから私の悲惨なプレーぶりに対するコメントです。・・・・私も何が何だか分からない状態で「はじめてゴルフをした時より当たらないのです!」
でも、ゴルフをするのはとっても楽しいし、嬉しいのは、何でかな?
<46年前のアドバイス>
初めて渡米して米国人のヘッドプロからアドバイスされたことを思い出して、ショットと飛距離に復活の兆しが!(アドバイス:君の利き腕は「右」だろ?)
<恐怖との闘い>
2002年に壊した右ひじ…。それからと言うものゴルフを長く続けたいので「スイング改造」をして兎に角、右ひじを大切にして来ました。しかし、今から右を使ってショットをしたら…。

<22クラブ月例研修会(河口湖CC)>で感じたこと。
いつものように集合時間前に全員集合。みんあ仲が良くて会話も弾んでいました。みんなチャップマン(イイ奴)になってくれました!
みんなのスイングは凄く改善されていたことも、先生達に感謝です。
ただ、そのショットを上手く活用して好スコアに結び付ける「コースの攻め方」が出来ればもっと良いのですが…。
<無茶な攻め方も楽しいよね!>
私から見ていると勿体ないと思うことも、本人にして見れば「自分を信じたいから故のチャレンジ(挑戦)」なので、これもゴルフの楽しみの一つですからね!
でも、ゴルフに行ったあとに聞かれることは「スコアは、いくつだった?」でしょ!