レッスン関連」カテゴリーアーカイブ

大当たり~!(花見川校)

「大当たり~!」と言ってもこれは昨日1/19(日)、今年初めての花見川校のマンスリー講座での話です。
欠席者は1名(風邪)だけで、全員元気に顔を揃えてくれました。昨年12月のチャップマンズトーナメントでは「スクランブルの部」で第2位に入賞した皆さんは「お肉、美味しかったですよ~!」と嬉しそうに報告してくれました。また、私からはチームキャプテンを快く引き受けてくれた小林君に「ありがとう!」…「お蔭で皆さんはとても楽しめました!」と感謝を述べて「初講座」を行いました。
休講明けの講座では必ず「基本の再確認」を「簡単に、明瞭に」行うことにしています。今回は「皆さん!フルスイングの時って?・・・クラブヘッドをどこから、どこへ振れば良かったかな?」と問いかけた後、プレーヤーの正面からのイメージは「タテぶり」や「高く上げる」などの誤解が生じやすい・・・ターゲットラインの後方からイメージしよう!
クラブヘッドはスイングプレーン(仮想のガラス板)の「どこへ?そして、どこを通り、どこへ?」とイラストをホワイトボードに書いただけで「すぐやってみよう!」と打席に向かいました・・・すると、7番アインを使用したショットは、何もアドバイスをする必要がないほど「キレイなスイングアークを描いて、ボールを空中を飛ばしてくれました!」‥‥バック&スルー♪の掛け声とナイスショット♪だけしか言う事はありませんでした。みんな、年末年始に練習をしていたことが良く分かりました!
(追伸)
大当たりと言えば「年末ジャンボ」を初めて自分で買いました。(いつもは由紀枝ちゃんだけ)すると、なんと!1万円と3,000円に当選しちゃいました!(へへへ)

久しぶり「ダイナミック成田」

今日は、坂本・堀江両先生、哲也と一緒に来年1月18日(土)のSTEP2終了実習会を開催する「ダイナミック成田」に久しぶりに行って来ました!
DM成田の方々の受け入れ体制は、すごく親切でいつも感心させられます。
哲也が馬込ゴルフスクール(22クラブ馬込)のSTEP2を受講中なのですが、来年の1/18(土)は半分スタッフ(半分生徒)として参加するので、その下見と坂本先生とのレッスンの進め方についての確認に行った訳です。たまたま、堀江先生も本部で打合せでしたが一緒に行ってもらったのです。
パッティング、アプローチ、バンカー、スクランブルゲームの進め方などレッスン内容を一通り行った後、私が楽しみにしていたDM成田にある「レストランかぼちゃハウス」で昼食。手作りパンが食べ放題!これが、とても美味しいのです!(私の感想)それに、ランチメニューの確認の為「4種類の料理」を注文して味見。
その後、フルスイング練習をしてからみんなでコースをラウンドしました。
堀江先生が長いパットを次々に入れるし、坂本先生はすごいショットを連発・・・哲也は「早くてついて行くのがやっとです!」と言いながら、私とラウンドした子供のころを振り返っていました。(大昔から?相変わらずアプローチが上手かったです!)
久々に訪れた「ダイナミック成田」は素晴らしい施設です。スクールの先輩の皆さんもたまには行って見たら!上達しますよ!

レッスン報告

各22クラブ担当の先生達からレッスンに関しての報告を貰いますが、一番聞きたいのは皆さんの「グリップの完成度」なのです。
正しくグリップすれば、コネクションも、バックスイングもトップも自然に正しいポジションに収まる筈ですから。
正面から見た時の両腕の形(きれいな三角形)、後方から見た時のバランスの取れた前傾姿勢(ポスチャー)で「ボールの位置も、当たる所に正しく置けるようになりますからね」
あと問題は、皆さんの持っているスイングのイメージが間違えていないかです。女子プロゴルファーの中で自分の体形と似ている人の「連続写真」で「正面と後方」から、全体的(細かい所は不要)に眺めてスイングのイメージトレーニングをしてみて下さい。きっとスムーズなスイングになりますよ!そして、もっと軽く飛ばせると思いますよ!

腕をピンと伸ばすな!

前回の投稿のつづきです。
バックスイングからトップに行く間は、左腕をピンと伸ばすと上半身の筋肉が緊張してカチカチになってしまいます。過去にも、プロのスイングや連続写真を分析したデータが発表されていますがトップではすべてのプロの左腕は「少しだけ曲がっています」と書かれています。それがダウンスイングへの切り返しの時にクラブヘッドの重みで左腕が伸びてきます。さらにインパクトゾーンではクラブヘッドは体から遠い方向に行こうとする力が働き、左腕とクラブヘッドがお互いに引っ張り合って均衡を保つ為に左腕は適度に伸ばされているのです。
自分の中心(体幹)とクラブヘッドが引っ張り合ってフォローではヘッドがインサイド(プレーンに沿って)に振られて行きます。※クラブヘッドの進行方向は、左腕のローテーションによって、目標方向には進まず、自分の背中側(プレーン上)戻ってくるようになります。プロのフィニッシュを見て見れば、それは明らかな事だと気づくはずです。
右手で叩くような動作をしてしまっては、肝心のインパクトで左腕(左ひじ)が曲げられてしまいますので、スピードも出ないしアウトサイドインの軌道になってしまいます。(※左肘が引けた形をチキンウィングなどとも言われています、カッコ悪いですよね。)
左腕が伸びて(伸ばされて)いく感覚を実感する練習方法は、バスタオルの先を結び・・・スイングをして見ましょう。インパクトからフォローにかけて「バスタオルがピンと張った状態」で通過し・・・フィニッシュでは左腕の自然なローテーションで首や背中にタオルが巻き付いてくることでしょう。そしてその時、両手をギュッと強く握っていないことに気づくはずです。タオルの先と自分が「引っ張りっこ」している感じかな。
22クラブでも「タオルスイング・ドリル」を行っているのはこの為です。
ただ、アプローチの時の左腕は「ピンとではありませんが、伸ばしておき、長さを変えたくありませんね!」念の為。

花見川の練習は

今年最後の講座でしたので、コース内の4つのエリアで使用する「パット、アプローチ(4種類)、フルショット」の総合復習をしました。
一人の方が「左ひじが痛くて・・・」と言うので、念のため「スイングでは、何かしようとしていることがあるの?」と聞いて見てビックリ!
「トップの位置で左腕をピンと伸ばすこと」「フォローでも同じように左腕を伸ばそうとしていました」・・・私から「プロの写真」や「映像」を見て研究したんだね!勉強熱心でとても良いですね。
つづく・・・今日はここまで。皆さんも同じことを実践しようとしているなら「すぐに先生に報告してください!」必ず、「ひじを痛めてしまいますので直ぐにやめるように!」と言われるはずですよ!

居ても立っても!

両膝の痛みは「筋肉の衰え」…筋トレしかないよ!と言われて10日目。その間は由紀枝ちゃん入院、手術・・・この1週間は、朝昼晩の食事と洗濯、掃除と打合せが続きました。筋トレは続けて来ましたので、筋肉痛は付き物ですが、もう2週間クラブも持っていませんでした。「もう限界!」と今朝、茨城GCへ行って来ました。予約なしでしたのでどなたと組むのかわかりませんでしたが、今日のフルショットはすべて両膝に負担が少なくできる「クローズドスタンス」と決めていました。
なぜ、クローズドかと言うとバックスイングでは容易にショルダーターンが出来るし、インパクトからフォローでも左ひざを逃がしても肩がスクウェアでインパクト出来るので。
とても良い組に入れて貰い7:30西コースのトップスタートでしたが、霧が立ち込めて前が見えない状態でした。キャディーマスターがOKを出すまで待機してスタートでした。
無理をしないせいか、よく当たりました!しかし、すぐ調子に乗る私ですから、ロングは2オン狙いで…ボールがつかまり過ぎてフックが掛かりグリーンから遠い、隣のグリンサイドバンカーに入れてしまいました。無理せずレイアップすればよいのにね。スコアは良かったのですがあと5ホールのところで両脛がツル始末…そこから軽く打つしか出来なくて…でも、これがすべてパーでした。
皆さんにレイアップしろ!とか力まないで!と言っているのに・・・・。スミマセン、久々のゴルフでしたので、ついつい嬉しくて振ってしまいました(笑)

rhdr

私もリハビリ?

由紀枝ちゃんの手術から4日目になりました。少しずつですがリハビリを頑張っていますよ!
そのリハビリで何をしているのか?と、私もリハビリ室へ行って見ました。
大腿部、腸腰筋のトレーニングと歩行訓練をしていました。昨日は腹筋のトレーニングを少しだけしたそうですが「朝、起きたらお腹がすごく痛くて・・・」と、かなり筋肉が落ちているようでした。
私も実は、2週間前から両膝に痛みがあり、1ラウンドを徒歩でプレーすることが辛かったので由紀枝ちゃんの隣で一緒にやって見ました。・・・すると、あるトレーニングで「あれっ?」バランスが取れないぞ!と、気づきがあり家に帰っても実践しています。
普段の生活やゴルフでは気が付かない筋肉の衰え(バランスが取れていない)・・・これでは、ボールは飛ばせても、正確性が良くない訳だ!特にアプローチには顕著に表れますね。
皆さんも、軽くで良いのでストレッチとバランスをとるトレーニングをして見てください。
ゴルフはハードな動きではないので、長い間楽しめますので「少しの時間をチョットしたトレーニング」に充ててみましょうよ!
若い人たちも、やってごらん!以外にバランスが取れないかも?

cof

第45回チャップマンズトーナメント間近

2019年も残すところあと僅かになって来ましたね。
22クラブでは今年の締め括りも恒例の「インタークラブ チャップマンズトーナメント」です。
現在、101名の方々がエントリーしています。まだ数名の空き枠がありますので、都合の付く方は是非、エントリーして下さい!
チャップマンとは米語の俗語で「イイ奴」の意味です。先日の「ひよことチャプマン」ではゴルフを始めたばかりの「イイ奴」が沢山来てくれましたし、サポート役の先輩:チャップマンも協力してくれてとても楽しいイベントになりました。また、月例研修会には多くのチャップマン(イイ奴)が毎回参加してくれています。
先生達も準備に奔走してくれています。
「楽しくなければゴルフじゃない!」これからも私達と一緒に、大いにゴルフを楽しみましょうね!

「ひよこ」で気になった事

初めてゴルフをする時にエチケット・マナーを学んで置かないといけませんね?
「ひよことチャップマン2019」に参加して下さった皆さんは、過去25年の間で最もお行儀が良かったと思います。先生方の普段からの教えが徹底されていたからだと思いました。
ただ、エチケット・マナーで今後は必ず覚えてほしいことが幾つかありましたので書いて置きます。
1つ、レストラン内では「帽子、サンバイザーなどの着用は厳禁です!」
2つ、お手洗いのシンク周りは「使用した後、次に使用する方々の為に、必ずタオルやペーパーで跳ねた水などを拭き取って置くこと!」
3つ、ティーショットの時の「プレーヤーの前方(左右どちらにも)立ってはいけません。」もし、シャンクなどが出たら大変危険です!」
4つ、ティーショットやFWでのショットの際、ボールが何かに当たり思わぬ方向に飛ぶかもしれませんので、「必ずプレーする人を見ていること!」
5つ、プレーの進行をスムーズにするためにクラブや携行品(ヘッドカバーなど)は次のティーグラウンド方向に置いてからプレーをしましょう!
エチケット・マナーは「みんなが快適にプレー出来るように」必ず、身につけておきましょうね!

インパクトが怖かったけど!

今日ンラウンドは、右ひじが怖くてインパクトで押し込めなかったせいか、ことごとく手前のバンカー(18H で8回)に入れてしまいました。大き目のクラブを選んだのですが、オーバーが怖かったせいもあると思います。ただ救いだったのはグリーンが早かった事・・・バンカーからスピンを掛けられなかったので手前からランを使えたことで4/8回、パーが拾えました。
昨日決めておいた長いホールは手前にレイアップして「寄せワン」を狙いましたが、アプローチでもランが見込めたのですべて「寄せワン」でクリア出来ました。※レイアップのことは22クラブのレッスンでもよく耳にすると思いますが、大きなトラブルを避ける為には重要な決断ですね。
ただし、普段から「ヒザ>ヒザ」「コシ>コシ」の練習をして自分のキャリーがどのくらいかを把握して置かなければ簡単に寄せワンは取れませんよ。パッティング練習も重要です!(※これは自宅で十分に上達出来るので、「思った方向に打ち出せる」ように練習して見てくださいね。M<L<LLのストローク調節も出来ればやってみて下さい)
最後に、今日にスコアはいつもより良かったのは、右ひじの痛みのお陰のようです(苦笑)