レッスン関連」カテゴリーアーカイブ

キャンプの目的は

以下は、22クラブの先生達に私から徹底している「キャンプの目的」ですが、皆様とも共有したいと思って投稿しました。
・・・・・・・・・・・・
ひと言でいうと・・・・
【ティーグラウンドに立った時に、不安が無くなる!】
【プレーをすることが、楽しくなる!】
【自分のショットに、期待が持てるようになる】
これらの目的をもってレッスンメニューやスケジュール、テキストを作成しているのですよ。
厳しい合宿と勘違いしている方が多いとか?
そうでは無くて・・・【コースでプレーする事に慣れる!】ことで、ゴルフが整理され落ち着いて、安心して、スピーディーにプレーする事が出来るようになるのです。
仲間と「ゴルフを楽しむコツ」も覚えて帰って欲しいですね。
普段はコース内で何球も打つ事(練習)は出来ません。キャンプ地を選択する際にはこの辺りを受け入れてくれるコースを選んでいます。
特に、千曲高原CCは昔からの友人が支配人をしていて「楽しんで欲しい!」と常に言ってくれていますので、コースと付帯施設を縦横無尽に使ってメニューが組めます。
休憩時間には「おやつなど」・・も用意してくれます。
22クラブのキャンプは「自由!選択」が基本。体力に応じて自由に休憩もOKです。
キャンプメニューには「昼寝」も入っていますよ!

反省ばかりですね!

昨日の月例研修会でのすべてのショットとパットを振り返って見ましたが、納得の行くショットもパットも1回ずつしかありませんでした!「反省ばかりです!」
一番の原因は「スイングやパッティングフォーム」を意識し過ぎたことでした。皆さんもこんな経験はありませんか?
とても悲しい(辛い)のですが、次のステップへ進むには必ず通らなければならない道ですね。でも、一つだけ守ったことがあります。それは「投げやりなプレーだけはしないぞ!」です。一緒にプレーしている方々に不快な思いをさせてしまってはいけませんからね。
大きなミスにならないようにショット選択をすると良いでしょう。例えばアプローチでしたら「パターや9番アイアンを多用して」・・・「グリーンにだけは乗せて置く」とか、バンカーであれば「ピン方向を狙わず」に「広いスペースに打っておく」などです。※面白くないです!
でも、他のプレーヤーの事を考えると自分勝手に無謀な挑戦を繰り返してご迷惑が掛かってしまいます。
幸いなことにゴルフは「仕事」と違って「やり直し」が効きます。また次のラウンドがありますからね!また練習して次のラウンドに備えようと思います。

ジャパンゴルフフェアの見学を中止

毎年この展示会にはスタッフ全員が最新情報の収集のために、行くことになっていましたが今回は「中止」することにしました。
理由の第一は、大勢の入場者が来るので「コロナ感染」を避けるためです。
二つ目は、出店する企業が例年に比べて少ない(特にアメリカ)
三つめは、出店はクラブメーカーが主なので「情報はすでに入手済み」であること。
これらの理由で、中止にしました。
スタッフに「中止をメールで徹底した直後」…金曜日(3/12)は「先生は事務所ですか?」「もし、時間が取れたら相談に乗ってください!」と22クラブ葉山校の「武田先生」から電話がありました。
そして、本日の午前中から4時間余り・・・「4月期から採用するレッスン内容と方法について」の打合せをして帰りました。いつも皆さんに対して、責任感の強い先生ですので「準備はしっかりして置きたい!」とノートに沢山メモを取っていました。
「また、相談に来ても良いですか?」・・・「何回でも、来てください!」と答えると「沢山来ますよ!・・・イイですか?」…「もちろん!」・・・でした。

ポッチャリ「さくら」優勝おめでとう!

2021年度最初の「ダイキンオーキッド」で私が大ファンの小祝さくら選手が最終ホールでバーディーを取って優勝しましたね!
以前から彼女のドロー系のボールが素晴らしいと思って応援していました。
きっと沖縄から「さくら」前線が急浮上して来るよね!
3月15日(月)の22クラブ月例研修会は茨城GCの西コースを使用しますので、12番ロングホールの桜はきっと満開になるでしょう。でも、このホールはグリーンオンをショートすると、桜の大木のある池に転がり込むので要注意ですよ!

dav

どちらにせよ、22クラブの仲間たちとゴルフプレーを楽しみましょうね!

何で、こんな事を忘れるかな!

最近は、ドライバーが安定して来たのですがFW、UT、アイアンが今一つしっくり来なかったので、今日は原因をハッキリと見つけるために筋肉痛覚悟で練習場に行って来ました。
100球、150球、200球と沢山ボールを打ちながら「原因」を探し続けましたが中々見つからない。
途中でナイスショットは出るのですが、続きません!・・・
スイング10ポジションを一つ一つ検証しながら打ち続けていたら「あれ?」「まさか!」
アイアンは「ボールにスィートスポット」をまず当ててから芝生に触るダウンブローが当たり前なのに「ボールの横にフェイスを押し付けようとしているではありませんか!」これではハーフトップやダフリが出るのは当然のこと。ボールも上がりません。
「こんな事を忘れるかな!」・・・一瞬、恥ずかしくて周りを見回してしまいました!
最近、自分勝手にボールが上がらないのは、ヘッドスピードが落ちて来たせいだと思いこんで、打撃角度を浅くしてしまっていた(レベルブロー気味にしてしまっていた)ことに気づきました。お恥ずかしい限りです(苦笑)※レベルブロー義気ならば、ドライバーが、当たるのは当然ですよね!
それから以降は、FW、UT、アイアンが小気味の良い打球音を残して、高くゆっくり、遠くへ飛んでくれるようになりました。「何やってんだよ!山ちゃんは」お恥ずかしい報告でした!

1週間ぶりの投稿で(すみません!)

2月24日からの1週間は、レッスンツールの完成やカリキュラム作成、そして「自分のゴルフ」の練習に「PGAのトーナメント観戦(TV 深夜から)と忙しくあっという間に過ぎてしまいました。
「よほどゴルフが好きなんだな~♪♪」と我ながら感じた1週間でした。
来期から皆さんにも体験して頂く予定の「ゴム紐ツール」の使い方を検証しながら「練習場」と「コースにも2回」行って来ました。
成果は「ドライバーの安定度が増したこと」「パッティングの方向性と距離感が良くなったこと」でも残念ながら「スコアには反映出来ませんでした(苦笑)」
ラウンド中は「スイングとストロークのテストを繰り返し」行っていましたので、ショットやパットの「ボールの転がり方やショットの飛び方」などばかりがを気にしていました。
皆さんにも「気持ちの良いショット、パット、アプローチ」を打って頂ける日を楽しみにしている次第です。

スイング「10ポジション」

22クラブの皆さんにはお馴染みの「スイング10ポジション」ですが、これはUSPGA(米国プロゴルフ協会)の発行した「PGAインストラクターズ・ガイド」に掲載されているものです。
米国のトッププロ52名のスイングをコンピューター解析して平均値を「モデル化」したものです。
ですから「誰のスイングでも無く」平均値ですから「このスイング通りでなければならない」と言う訳でもないのです。しかし、トッププロ達が行って成功しているSWINGの平均値ですから「役に立つのは間違いありません」
自分のスイングが崩れて来てどうしようもなくなった時に、「戻るべき場所=10ポジション」があるのは良いことですよね!この「10ポジション」に記載されているコメントと注釈を何度も読み返し、自分が忘れているポイント、出来ていない個所を「練習場」で1打1打テーマを設けて、プリショットルーチンを一定にして「素振り」をしては「ボールを打つ」・・・この繰り返しで「調子」を取り戻すことが私のやり方です。
皆さんは先生達がチェックしてくれているので良いですね!
今朝の早朝練習では、「2点」のチェックポイントをテーマに打って来ました。結果は上々でした。
「いつの間にか、忘れてしまうのですね!」・・・ゴルフは楽しいけれど、調子(スコアも)が悪いと「つまらない!」ですよね!

照れくさかった!

昨日のホームコースでのプレーは、前半好調、後半は不調でした。
前半の途中でキャディーさんが「今日は楽しみにしていたんですよ!」・・・あれ?先週も聞いたセリフだな?
「どうしてあんなに軽くスイングしても飛ぶのかな?」「トップの位置は理想的だし!」・・・おいおい「褒めすぎだよ!」・・・このキャディーさんは茨城GCで「一番上手にプレーする人」で、女子プロのトーナメントでも的確なアドバイスをするので「引く手あまた」なんです。
「今日はレッスンして貰おうと思って楽しみだったのよ!」・・・これも「褒めすぎ!」
前半は昨日の練習で掴んだ「ゆったり、のんびり、軽く」をテーマにしていたので「D#はすべてナイスショット」・・・本人は「軽く打っているので飛距離が物足りない!」
後半は、悪い癖で「チョット試して見ようかな?」とスピードを上げたらD#が「チーピン=大きなフックボール」ばかりで、トラブルショットの連続でした。
「これじゃ参考にならないね!ごめんね71」と言いながら最終ホールに。案の定フックボールでOBのある左の林へ・・・たまたまセーフだったので、木の下を通して「低く、強烈なインテンショナルフックボール」を打つと「イイもの見たわ!・・・あとで教えて!」と、未だホメまくりで「照れくさかいやら!」
グリーン奥のエッヂに外れラフに沈んだボールをパターで「コッツンショット?」でホールカップの淵まで寄せると「今のナニ!」「どうやったの?」「「もう一回やって見せて!」と最後まで何かを掴もうとする姿勢に「関心させられました!」・・・「これ、練習する!」と言ってお別れ。私も「これからも貪欲に技術を磨かなくては・・」と教えられて終了でした。

ツール(道具)の効果

「ゴム紐」を利用したツール(レッスン道具)の効果を「朝練」で試して来ました。
アプローチ(コシコシ)と(コシ上ワンレバー)での、「打ち出し方向」でミスをする原因がハッキリわかります。
アイアンショットでは、「ややハンドファースト気味に捉える感覚が理解できると思います。
ドライバーでは「効果抜群」ですね。まず、「力み」「手打ち」が消えるでしょう。
すべてに共通なチェックポイントは「ゆったりテンポでバック&スルー♪」する事が大事かな?
こんなことを言っている私ですが「上手くヒット出来る」と・・・もう少し飛距離を回復したくて「早い動きになってしまいます!」(苦笑)
でも、今日は打席の後ろで「顔見知りの常連さん」がSWIINGと弾道をジッと見ていてくれたお蔭で「すぐに良いテンポを取り戻せました!」・・・カッコ良くフィニッシュを取ろうとしたからかな?

「接待ゴルフ」無地終了です。

今日の茨城GCは「温かく、風もない好天気」でした。
最近、ゴルフの調子が悪い由紀枝ちゃんなので、家を出る前に「キーワード・レッスン」をしました。一言で伝えなければ複雑になってしまいますので「インパクトにかけて、両手を体から離せ!」です。
どうしても上体が先に回転してしまい、左腕が縮む苦しそうなインパクトでスライスして飛距離も出ませんでしたので。・・・ジェスチャーを交えて出発前の3分間のアドバイスでした。
今日、一緒にラウンドしたのは二人ともメンバーのご夫妻です。とても気遣いがある方々でした。
由紀枝ちゃんは、スタートまでパッティングの練習を熱心に45分ぐらいやっていました(珍しい!)そして、1番のティーショットは「両手を体から離す!」とナイスショットがセンターに!
その後は、順調に進み「お昼ごはん」も美味しそうに食べていました。なんと、45,45でした。
「体から両手を離せ!」を意識するとインパクトで両肩が左へ向けられず、正面でインパンクトする結果になるのです。センターもボールの後ろにキープ出来るので、結果的に飛距離も出たと言う訳です。但し、途中でミスが出た時もありましたが、持ち直してナイスショットを連発していました。パット練習が良かったのか「難しいライン」は「距離を合わせる事に集中」していたのは、褒めてあげたいですね!