カテゴリー別アーカイブ: ゴルフトラベル

プーケット報告③

参加者の皆さんへ、お知らせです。
旅行社からの「最終案内」は、1/25(金)に発送するそうですので、もうしばらくお待ちください。
6日間コースの方のオプショナルツアーは「市内観光」「アユタヤと像乗り」「ゴルフプレー」などが案内されます。
確認したいことがありましたら、旅行社(担当者)までお気軽に問い合わせてください。勿論、私でも結構です。
<現地通貨=タイ/バーツ>の交換をお早めにしてくださいね。

ご存知かもしれませんが、現地でのチップ(現金)は、およそ下記のとおりです。
<チップ>日本の心付け同様、高級な場所ではいくらか渡したほうがスマート。
【キャディー】は、プレーヤー各自に1名付きますので、チップは(1Rにつき):300~400バーツです。(最近、高くなりました)
【ホテル】荷物を運んでくれたボーイやルームサービスに20B程度。ベッドメイキング:ベッドの数ごとに20Bです。
【レストラン】サービス料が含まれているようなレストランではおつりの小銭を、サービス料が含まれていなかったら支払い額の10%程度(多くても100B程度)。いずれにしろ明細はしっかり確認すること。
【タクシー】不要。
【タイ式マッサージ】一般的な店なら満足度に応じて1時間なら50B程度~、2時間で100B程度~。地方ならもう少し安め。▲「チップ、センエン(1000円)」などと言われても真に受けないように。そんな相手にはチップは不要。
スパは店のグレードに応じて100B程度~。

プーケット報告②

今回のタイ(プーケット)には、4日間コース(13名)、6日間コース(20名)合計33名が参加することになりました。
参加者の皆さんには旅行社から近々「最終案内」が届く予定です。
現在、決定している事項をまとめて置きましたので、再確認をお願いします。

航空会社はすべて「全日空」となりました。
<第1日>
集合:2/9(土)22:50(羽田)出発:NH-877便(0:50)
バンコク着(5:55)>バンコク発(08:05)>プーケット着(09:35)
ゴルフプレー開始(約12:00~)終了後チェックイン>夕食(19:00)
<第2日>
朝食(ホテル)>ゴルフプレー>終了後>シャワー。
※全員バスで「プーケットタウン」に行き>買い物と夕食>ホテル。
<第3日>
※【エンジョイゴルフトーナメント】を開催(内容は追ってお知らせします)
朝食(ホテル)>ゴルフプレー>終了後>シャワー>表彰式&パーティー(軽食)
4日間コースの皆さんは、空港へ移動(17:30頃)※6日間の皆さんはホテルへ。
プーケット発(19:45)>バンコク着(21:15)>バンコク発(22:50 NH850便)>羽田着2/12(火)(06:30)>解散。
<第4日>
朝食(ホテル)>プーケット発(10:25)>バンコク着(11:55)>市内観光(昼食)>ホテルチェックイン。※ホテルは「PULLMAN BANGKOK HOTEL G(プルマンバンコクG)」>夕食。
<第5日>
朝食(ホテル)>自由行動(◆オプションゴルフ、観光など)>昼食、夕食(各自)>ホテル。
<第6日>
ホテル出発(未定)
バンコク発(10:15 NH848便)>羽田着(17:55)>解散。

以上が現在の決定事項です。その他のお問い合わせは旅行社、または担当の先生にお願いいたします。
スタッフ一同「楽しいゴルフトラベル」になるように努力しますので何卒、宜しくお願い致します。(22クラブ代表:山室善弘)

プーケット(タイ)に関するお知らせ

今回の海外ゴルフトラベルは、多くの方々が参加してくださるにもかかわらず、添乗員問題をはじめ旅行社のスケジュール変更など「少々、詰めの甘さ」が目立ち困惑しています。
先日、担当者に22クラブの意向を再認識して貰い、何とかスケジュールがはっきりして来ました。
参加者の皆さんには旅行社から来年早々に「最終案内」が届く予定ですが現在の「決定事項」を取り急ぎお知らせして置きます。

航空会社はすべて「全日空」となりました。
<第1日>
集合:2/9(土)22:50(羽田)出発:NH-877便(0:50)
バンコク着(5:55)>バンコク発(08:05)>プーケット着(09:35)
ゴルフプレー開始(約12:00~)終了後チェックイン>夕食(19:00)
<第2日>
朝食(ホテル)>ゴルフプレー>終了後>シャワー。
※全員バスで「プーケット市内」に行き、買い物と夕食>ホテルを予定に入れました。
<第3日>
朝食(ホテル)>ゴルフプレー>終了後>シャワー>表彰式&パーティー(軽食)
※【エンジョイゴルフトーナメント】を開催することにしました。
4日間
の皆さんは、空港へ移動(17:30頃)※6日間の皆さんはホテルへ。
プーケット発(19:45)>バンコク着(21:15)>バンコク発(22:50 NH850便)>羽田着2/12(火)(06:30)>解散。
<第4日>
朝食(ホテル)>プーケット発(10:25)>バンコク着(11:55)>市内観光(昼食)>ホテルチェックイン。※ホテルは「PULLMAN BANGKOK HOTEL G(プルマンバンコクG)」>夕食。
<第5日>
朝食(ホテル)>自由行動(オプションゴルフ、観光など)>昼食、夕食(各自)>ホテル。
<第6日>
ホテル出発(未定)
バンコク発(10:15 NH848便)>羽田着(17:55)>解散

少々、読み難いかも知れませんが現在の決定事項です。その他のお問い合わせは年明けの1/4以降に旅行社、または担当の先生にお願いいたします。
スタッフ一同「楽しいゴルフトラベル」になるように努力しますので何卒、宜しくお願い致します。。(22クラブ代表:山室善弘)

 

海外GT報告(タイ:プーケット)

昨日、海外ゴルフトラベル’2019「タイ:プーケット」の手配をお願いしている旅行社から連絡があり「エッ!と耳を疑う内容でビックリ」しました。
毎年、添乗員を務めてくれている林さんは「同行できません!」とのこと。上司と林さんで本部に来て貰い「内容を説明」して貰いました。
細かい内容は長くなるので簡潔に報告すると林さんが行けなくて本当に残念ですが「別の添乗員を日本から同行させること」で同意せざるを得ませんでした。
申込みからすべての対応窓口は従来通り「林さん」が責任をもって行ってくれることになってはいますが・・・。先日、やっと打合せが完了してホッとしたところなのに・・・。

ゴルフトラベル’2018(自主トレ)つづき

前回の投稿に加筆有り!焼肉屋さんのドリンク代は「ナイスバーディー」で締め括ったSSさんが負担して下さいました。※ご馳走様でした!
軽井沢高原GCのプレー終了後、Sさんご夫妻は帰京の途に就き、私とETさん、由紀枝ちゃんは「軽井沢プリンスホテル ウェスト」に移動。(※勿論、移動中にはジェラート屋さんに立ち寄り)・・・そして、いつもの「4人用コテージ」にチェックイン。
当日レッスン日であった「高橋あずさ先生」が、夕方に迎えに来てくれて・・・私のリクエストでいつもの「中華そばや=三代目 仔虎(ココ)」で夕食。名物:拳(こぶし)くらいの大きな鶏のから揚げから始めて美味しい料理と中華そばを「お腹一杯」食べて来ました。あずさ先生のご主人が「アッシー君」として合流してくれて、一緒に食事をしながら昔話に花を咲かせて来ました。

最終日(4日目)は、軽井沢72(西)のブルーコース。フロントで受付していると長い間お世話になっている「72の山浦氏」が来てくれて「久々に、ご挨拶ができました!」
それとは別に私は、ショップに飾ってあったブリヂストンの「NEW JGR」のドライバーが気になっていました。TOUR AD IZ-5シャフト(カーボン)が装着されていて握って見たら「これ、イイ!」…私に・・・「使って!」と言っている!※次のドライバーを模索していたので「これ下さい!」と購入してしまいました。(笑)※下の写真「PAR3で使用する木製のティーペグはスポンサーの提供ですべて無料です。ディボットには目土をして来ましょうね。

トラベル期間中「4日間、すべて快晴」でしたので当日も「カート乗り入れOK!」・・・あずさ先生も加わり4人で「まとめのラウンドレッスン」の始まりです。購入したばかりのドラちゃんを2~3回素振りしてティーショットして見たら「ナイスショット!」・・・皆さんは「え~!素振りしただけなのに~♪」と不満そう(?)な声を出していました。
その後、期間中のチェックポイントなどを話しながら楽しくラウンドして全行程終了となりました。帰りには「おぎのやの釜めし」を購入して無地、帰京しました。
今回も改めて思いました!・・・22クラブの仲間は「素晴らしいですね~!」

ゴルフトラベル’2018(自主トレ)

担当の先生達からも「22クラブ日記」に楽しかったゴルフトラベルの投稿が沢山有りますので是非、ご覧くださいね。
さて、自主トレゼミですが初日は嬬恋高原ゴルフ場=堀江組と合流で」は爽やかな空気を一杯吸って4ホールのエキストラ(練習ホール)でバンカーショットの整理(ロブショットと同じ感覚で)や打上げのショットでの距離の把握の仕方(ピンの天辺まで打つんだよ!)など、たくさん練習してから9Hsのラウンドでした。宿泊は「嬬恋プリンス」で露天風呂につかりながらノ~ンビリ!(標高1126m…イイフロだって)
夕食は「軽井沢校インストラクターの高橋あずさ」が地元(草津)で大人気の焼き肉屋さん「かない亭」に連れ行ってくれました。食べきれないくらい注文して飲んで・・・精算時には「え~こんなに美味しく、お腹一杯食べて・・・一人2,300円?」と、ビックリでした。
2日目は嬬恋高原Gを18hSしてラウンド後は「軽井沢高原ゴルフ倶楽部」へ移動。
付帯のロッヂも素晴らしく、ライトアップされた18番の池越えのPAR3には「素敵だね~♪」「でも、池ポチャが心配」と美味しい夕食とゴルフ談議で盛り上がりました。
こちらのコースは、嬬恋高原よりも緑色が濃く、落ち着いたレイアウトで「森の中のお散歩」と言った感じで素晴らしかったですね!最終18番PAR3ではETさんがバーディーで締め括り!先に上がったSさん夫妻が大歓声を上げてくれました。続きはまた・・・・。

始まります!恒例、国内ゴルフトラベル2018

今日6/1から22クラブ恒例の「国内ゴルフトラベル」が始まります。今回は「湯ヶ島高原=黒沢」「軽井沢=松村」「小淵沢」=坂本」「嬬恋高原=堀江、自主トレ=山室」そして「蓼科=武田」と多彩な開催となりました。
皆様もご承知でしょうが、22クラブ国内(海外)ゴルフトラベルは折角、学んだゴルフを「国内のリゾート」で楽しんで頂く企画です。ゴルフ仲間とともにテーマである「食、遊、楽」を満喫して来ましょうね!
地元の料理をべて、ゴルフ仲間とプレー()して愉快()に過ごして来ましょう!

自主トレ ゼミキャンプ(千曲高原CC)(左足下がり)

初日の練習場では、徹底的に「グリップを正しく握れるように」…手のひらや指、肘に手を添えて何度も正しい感触と形を覚えて頂き…、8番アイアンとドライバーショットでSWING全般の注意点を確認しました。
その後、1番ホールのパー5に着くとティーグラウンドを通過して「ご希望通り?」に「左足下がりの場所」へ移動。(グリーンまで200Y地点)
ここで私から「左足下がり」と言っても「どんなボールを打ちたいのかな?」と質問すると「キョトンとした表情」をしていました。「では、いくつかのショットを打って見ますね!」と8番アイアンから打って見ました。「教科書や教室で習った事が基本です!ただ、実践では応用が必要になりますね!」
まず、「斜面なりに構えて低く真っすぐボールを打ち出します」次は、「少しスライス気味にやや高さを出して見ます」‥‥皆さんもやって見ましょう!すぐに結果が出て皆さんは満足顔でした。
さて、次は「Fwウッドで距離を出す打ち方です」・・・「え~、ここからですか~?」‥‥「そうですよ!これがしたかったのでは?・・・」
まず、「クラブ選択は=5wでも7w、9wでもイイですよ!3wでは無理。では、見ていて下さい!」・・・グリップは正確に!狙う(構える)方向はかなり左を向いて、ボールは打ちやすい位置に、バランスを保って、力まずにSWING・・・そして、フィニッシュ!「エ~ッ、あんな所まで飛ぶのですか~!」‥‥みんなも同じことが出来ますよ!‥‥さあ、やって見ましょう!「アッ、上手く行った~!」「へ~、気持ちいい!」「分かった~!」と結果は上々でしたので「毎ホールチャレンジするよ!…覚悟はイイかな?(笑)」‥‥「ハーイ!」
では最後に「基本と全く逆な考え方のショットの仕方を2つ打って見ますので、覚えて置いて下さいね!」まず、「完全に手と腕だけで(手打ち)!」次は「体重を右足にして、ボールは右足の内側のしてフックボールを打って行きます!」…「こんなにバリエーションがあるのですね~?」・・・「ゴルフでは様々な状況から打たなければなりませんね。そして、目標地点までの間に障害物があったり、強風が吹いていたりします。そして、スコアを崩さない為には、どこへレイアップして次のショットで攻める!(急がば回れ!)というコースマネジメントが必要になります。」ですから「今、見たショットを練習場で試して置かなければいけません!」‥‥皆さんも必ず出来るようになりますよ!‥‥※のどが渇いたでしょ!足腰は大丈夫ですか?…では、次はバンカーに移動しましょう!
長々と書きましたが・・・これはほんの一場面の話です。3日間、こんな具合で楽しくラウンドしながら「何度も何度も同じようなアドバイスを繰り返して来ました!」※細かく、書き切れませんのでお許しください。
ただ、最終日の皆さんのコメントは・・・・。
・ドライバーが好きになった!自信が出て来た!
・SWINGのチェックポイントが整理できた!
・ゴルフに行くのが楽しみだ!
・これからも長くゴルフを続けようと思います!などなど。
<私のつぶやき…良く体力が持ったな~!ヒェー、つ・か・れ・た!>