家事に奮闘中です!

毎月恒例の「由紀枝ちゃん接待ゴルフ=スパ&ゴルフリゾート久慈」ですが、6/15(火)不運な事故が起こってしまいました。
前日も0.5Rを行い、とても調子が良くて喜んでいた由紀枝ちゃんでしたがアウト7番で、ティーショットをした後、ティーグラウンドを降りる際に足を滑らせてしまい転倒。左足をつくことも出来ず立ち上がれませんでした。そのままカートに乗せてクラブハウスへ戻りましたがコーススタッフが「救急車」を呼んでくれて近くの病院へ搬送。骨折はしていないと言うので、紹介状とレントゲンのCDを受けとり急遽、帰京して掛かりつけの医師のもとに行って診察して貰いました。ヒザがパンパンに腫れていたので注射器で膝関節の中の「血液」を吸い出し(約30CCも)て、その後の検査の結果、骨折もなくインプラント(人口膝関節)にも損傷がないとのことでした。歩くことが出来ないので「入院」させて頂くことにしました。
それから1週間、私は「掃除、洗濯、料理、ゴミ出し…」などを頑張っています。由紀枝ちゃんも3日前からリハビリを始めて今日は、歩行器を両ワキに挟んで「少し歩けた!」そうです。左ひざ内側の靭帯と左足大腿部に肉離れがあるそうです。自力歩行が出来るまでは退院は出来ないそうなのでもう少しのあいだ「家事」を頑張ります!

メジャー 全米オープン

世界の4大トーナメントの一つ「全米オープン」(カリフォルニア州トーリーパインズGCサウスコース 7652ydパー71)で世界ランキング3位のジョン・ラームが自身初のメジャータイトルをスペイン勢初の優勝!この際、スペインの有名プロの名前を覚えて置きませんか。
スペインのメジャーチャンピオンは「マスターズ」2勝、「全英オープン」3勝の故セベ・バレステロスを筆頭に「マスターズ」2勝のホセ・マリア・オラサバル、2017年「マスターズ」優勝のセルヒオ・ガルシア・・・彼らについでに続く4人目の快挙です。
特に、故セベ・バレステロスは、ルックスもパフォーマンスも素晴らしいプレーヤーでしたよ!
私は、毎年サンディエゴで開かれていた「NGFインストラクターセミナー」に参加していましたが同じ時期に開催されていたこのトーナメントにはたくさんの思い出があります。
コロナが落ち着いたら「トーリーパインズ」(※パブリックコースなんですよ!)でプレーしたいな!

月例研修会(6/18)立野クラシック

昨日(6/18)、立野クラシックゴルフ俱楽部で「第79回22クラブ月例研修会」を開催しました。
雨天が続いていましたが、当日は快晴無風の絶好のコンディションでした。今回の勉強会のテーマは「1Hでの大たたきを防ぐ!」でした。私から配布レジュメの全体を解説したあと、締めくくりは坂本先生が「大たたきを防ぐ10ヶ条(坂本作)」を読み上げてくれました。
「ミスを深追いしないで、冷静にレイアップしよう!」の効果か、皆さんのスコアが安定していました。
しかし、大たたきを防ごうと思っていても「不運」は襲ってくるときもあります。そのあとのプレーをいかに丁寧に行うかが大切ですね!
成績は、優勝(BG):曾我 顕(横浜)、第二位(BG):吉松勲夫(馬込)、第三位:竹内正良(ゼミ)でした。
皆さんはそれぞれにプレーの感想を述べ、次回開催の富士小山GCでの再会を誓い合って、解散しました。

ドライバーのお勉強に!

https://champ.lpga.or.jp/2020/
上のURLは、JLPGA(日本女子ゴルフ協会)のホームページから「コニカミノルタ トーナメント2020年」の全選手の「1番ホールのティーショット」の動画が見られます。飛距離や弾道なども表示されますので、お好みの選手や真似をしたい選手を見つけて見ませんか?

「大たたき」をしない為に

1つのホールで「大たたき!」…あれが無ければ「100を切れたのに!」…「あれが無ければ」「あれをレイアップしたら」ゴルフの会話でよく聞く「れば、たら」ですが、微笑ましいですね。仕事で失敗したら、こんな会話で済まされませんが、ゴルフはラウンドが終わってしまえば、またやり直せます…だから、楽しいのかも?
「大たたき」は、どうしたら防げるのでしょうか。方法は大きく分けて2つあります。1つは、自分の技術力でミスを最小限に防ぐ。(ミスを想定した練習をしっかりして置くこと) もう1つは「メンタル(気持ちの持ち方=自分をコントロールする)」です。ミスショットに対して「焦らない」「勇気をもってレイアップする」「残り距離でクラブを選ばず、ライによってクラブを選ぶ」「ミスを取り戻そうと深追いしない」などですね。
こんな言葉を覚えておきましょう!「ゴルフでは、自分のしたことがすべてカウントされる!」だから、1打1打を大切にしましょうね!
今回(6/18:立野クラシック)での、22クラブ月例研修会のテーマも「大たたきを防ぐ!」です。

「ゴルフトラベル」とは

22クラブの「ゴルフトラベル」とは・・・折角覚えたゴルフを利用して、国内、海外の有名リゾートコースをゴルフ仲間達と巡る旅です。・・・テーマは、「食・遊・楽」です。
今年の6月も、軽井沢72ゴルフ(坂本、堀江)、大浅間ゴルフクラブ(黒沢)、三井の森蓼科ゴルフクラブ(武田)が開催してくれました。
しかし、私としては少しだけかけている部分が気になります。テーマの「食」は地元の美味しい料理を食べることです。そして「遊」ですが、ゴルフをして遊ぶだけではなく、現地の「旧所、名跡」を訪ねてゴルフ仲間と「文化、見識を広げる」…これでテーマは「食、遊」と「幅広く楽しんで欲しい」が本来のテーマのはずですが、最近は「ゴルフをして、××料理を食べた」…これが「食、遊、楽」になってしまっているようです。
私もご多分に漏れず海外の多くの国でゴルフをして来ましたが、「文化」について学べたことが少なく、ゴルフ場からゴルフ場へ・・・これが多かったのです。今思へばもっと諸外国の文化をもっと知るべきだったと思っています。

参加して見ませんか!

22クラブの月例研修会に参加して見ませんか?
6/18(金)は、千葉県の「立野クラシックGC」で開催しますが、3名の空きがありますよ!
また、7/13(火)は、涼しくて快適な「富士小山ゴルフクラブ」です。御殿場と聞くとアップダウンのきついコースを想像するでしょうが、このコースはフラットで木々に囲まれた風格のある名門コースです。是非、プレーして見てください。現在、参加受付中です!
私が、伊勢丹ゴルフスクール「スイング」の時に作成したテキスト(教科書)の撮影は、すべてこのコースで行いました。

スプリングキャンプを振り返って

今回のスプリングキャンプのアンケートをチェックして見て、参加者の皆さんの嬉しい感想が沢山ありました。とても嬉しく感じています。
長年の友人である千曲高原の山崎支配人とキャディーマスター室の近藤さん、グリーンキーパーの皆さんの協力があってこそ、コース内を自由に使用させて頂いたおかげだと改めて感謝い致します。
また、スパ&ゴルフリゾート久慈の営業の菊池さん、マスター室、キャディの皆さんにも御礼を申し上げます。
22クラブの要望に応えて頂いて、参加者の皆さんに充実したコース使用や食事の段取りなどすべてにご協力を頂きました。
きっと参加者の皆さんも普段ではできないコース内の練習やラウンドを通してきっと「素晴らしいゴルファー」になっていただけると思います。
これからも22クラブを宜しく、お願い致します。

広くて長いよ~♪

今日はスタッフミーティングを八王子校で行いました。改修が済んで「とてもキレイになりましたよ!」
会場の「エースガーデン」は、「広くて長~い!」…奥行きは「300ヤード」を超えます。皆さんもお近くに行く機会があったら是非、利用して見てください。
飛ばし屋さんには、持って来いですよ!

ミーティングは「7月期の各種カリキュラム」についてでしたが、各ショットの練習をより具体的な場面を想定して行う事にしています。
例えば、パー3のティショット…距離の把握方法から、ミスしてはいけない場所…そして、リカバリーするにはどんなショットが必要になるのか?
そして、各自それぞれのミスの原因と対処方法を明確にするなどです。
7月期は、より上達して頂きたいと願っています。

コロナワクチン(第1回目接種)

先ほど近くの病院で、ワクチン接種を受けて来ました。(由紀枝ちゃんも)・・・次は、7/1(木)が第2回目の摂取日です。
受付から接種まで、とてもスムーズな対応でしたし、チクリとも感じませんでしたよ。接種後の副作用のことが病院のテレビに映されていましたが、すでに接種をした方に聞く症状は様々ですが、大したことはなかったとのことでした。
接種後に「利き腕の反対の腕に打ったのよね?」と由紀枝ちゃん・・・「イヤ、僕は右腕に打ってもらったよ!」・・・「ゴルフスイングでは、右腕が余計なことをしたくないので、あえて痛みが出るかもしれない右腕にしたわけ!」…「言ってくれれば私もそうしたのに~!」
実は、由紀枝ちゃんが急に「ゴルフしたい!」と言うので2日前の6/8に茨城GCに連れて行ったのです。後半に調子が悪くなってしまった由紀枝ちゃんに「右腕が悪さをしているよ!もっと体に近くに肘を伸ばさずキープしよう!」とアドバイスしたばかりでした。
この夫婦は、ゴルフ中心の生活になっているのですかね?(笑)