プレーについて」カテゴリーアーカイブ

自宅内で練習して置こう

昨日の500球の疲れは意外と出ていないので、自宅業務の合間に屋上に出て今日は「マイ竹箒(たけぼうき)クラブ」で100回フルスイングをしてしまいました。竹ぼうきは、重量もあり手や腕だけではスイング出来ないので中々良かったですよ。
夕方は室内で「ショート・チップ」と「パッティング」をしました・・・・そうそう、皆さんも良く耳にしている「ワンレバー・スイング」と言う言葉ですが「2通りの考え方がある事を覚えていますか?」
「手首をあまり使わずにするんでしょ!」・・・それは正しいのですが「どこを、どのように使うのでしょうか?」
1つ目の考え方は、左肩関節を中心に左腕を振る(ワンレバースイング)こと。もう一つの考え方は「ボディ・チップとかボディ・ピッチ」と呼べるようなチップとピッチの両方に共通するスタイルもあるのです。バックスイングで胴体が右に回転し、フォロースルーで左足に完全に体重がのる状態で、腕や手をあまり(全くではないが)使わないタイプです。このスタイルは、まずインパクトのポジションを作り、そこから身体を回転し、また元の位置に戻してくるというスタイルです。ストロークから、小さい筋肉(手の筋肉)の動きを取り除いたこの方法をとるプレーヤーは、
腹筋と交配筋のあたりに力が入るのがわかると思います。こちらの方を「ワンレバー」だと思っている方々も多いのですが、皆さんはどうでしょうか?もし、前者を試して見るのも良いのではないでしょうか。担当の先生にも「やり方を聞いて見てはどうでしょうか!」

苦しんでいます!

私も最近のゴルフでは苦しんでいます!以下は、私のゴルフメモなのですが皆さんの参考になるかな?
バックスウィングはゆっくり・・・ダウンスイングもゆっくり・・・インパクトで自然に加速させてやれば、これで「鋭い打球も出るし!フィニッシュも取れる!」のに・・・。
この「ゆっくり感覚」と「強く打たなければ飛ばないと思っている先入観」とのギャップを埋めることが中々出来なくて困っています。
やはり克服する為には「沢山の練習をして自然に出来るように体に覚え込ませる」しか無いのでしょうね。

やり方に悩むよりイメージ

先日まで良い結果が出ていたのに・・・。
ミスショットの事が気になって「どうすれば良いのかな?」と学んで来た様々なことを実践して見るよりも「ボールを何処へ、どのように打ちたいのか?」を素振りでイメージすることが大事ですよ!
一度できたことは、必ずできるはずです!やり方を考えることも大切ですが「自分のイメージ」通りに自然にスイングした方が良い結果が出るものです。

早起きしても・・・つまらないな!

私の楽しみは「早起きしてアメリカPGAツアーのゴルフ中継」を見る事でしたが、最近はコロナの影響で日米のゴルフトーナメントはすべて中止!
4月開催の「マスターズ」までもが延期となりその後の「メジャートーナメントもどうなる事か?」
楽しみにしている5月の「サロンパスカップ(茨城ゴルフ倶楽部 東コース)」もどうなる事か、心配です。
例年の3月とは違い、すでに桜も咲き、暖かですが近所の練習場の「早朝練習は午前6時開場のまま」なので朝食前にひと練習とは行きません。
自宅3階で、パッティングとショートチップの練習をすると「ゴロゴロ♪」と階下に音が響くのでこれもダメ!
早起きしても、つまらないな~♪
思い切ってホームコースに行っちゃおうかな!・・・でも、まだまだ・・・仕事あり。

新社長、ゴルフコースデビュー戦

昨日は、第46回チャップマンズトーナメントの打合せのの為、新社長の山室哲也、坂本、堀江の両先生と「きみさらずゴルフリンクス」へ行って来ました。ついでに新社長に「ゴルフコースデビュー」をさせて見ようと!
哲也は小学校低学年の頃に、ショートコースに連れて行ったことがあります。由紀枝ちゃん、長男:諭、次男:哲也の3人がチームを組み私とホールマッチをしました。1ホールに「2打」のハンデを付けて何ホール勝てるかで「お年玉」の金額を決めるゲームでした。(笑)
結果は1ホールだけしか勝利出来ず3人は「もう1回ラウンドした~い!」・・・でした。
哲也は「ゴルフを学ばなければならない!」と、昨年の7月期から22クラブ馬込の坂本クラスでSTEP1から受講して現在はSTEP3まで来ました。4月期でSTEP4を終了の予定です。
そして今回は坂本先生がゴルフデビュー戦に際して責任を持ってサポートするように私からお願いしました。(お願い?指示?命令?)
受付からロッカー、そしてスタート前の練習場、アプローチ、パッティンググリーンと贅沢にも個人レッスンを受けてのスタートになりました。
結果は「63,65」の「128」…と中々の出来でした。一切「おまけ」は無く、OBやバンカー(5回で出せた)など沢山の経験をして来ました。坂本先生は自分のプレーどころではなかったようです!・・・ありかがとうございました!(父、子)

さすが!程ヶ谷CC

昨日の22クラブ月例研修会は「程ヶ谷カントリー俱楽部」で開催しました。参加者の皆さんは口々に「ここに来られてとても嬉しいです!ありがとうございます」と歴史ある名門コースに感激してくれました。
1階にある歴史資料スペースでは、興味津々で隅々までご覧になっていました。
昼食時には男性はすべて上着を着用しなければならない事にも、「いいですね~!」と名門の雰囲気を味わっていました。
ドライビングレンジも広々していて、バンカー練習用スペース、アプローチフィールド、パッティンググリーンもそれぞれに整備されていて恵まれた環境にも感激。
朝のミーティングのテーマは「日本のゴルフの変遷」と「オリンピックとゴルフ」でしたが、今回は堀江先生が解説してくれましたが熱心に聞き入っていました。
そんな名門コースですが、キャディーさんからは「皆さんのプレーはとてもスピーディーでマナーも良く素晴らしいですね!」とお褒めの言葉を頂きました。
コースは赤星四郎氏の設計で典型的な「戦略型のコース」ですから、ティーショットもかなりの正確性か、勇気あるレイアップが要求される素晴らしいコースです。適度なアップダウンもありグリーンを狙うときの距離の計算や狙う箇所もプレーヤーの力量が試されます。
プレー後の勉強会(反省会)では、私から「高いグリーンに向けたショットはランが多くなる理由」や「グリーンを手前から攻めることが重要な理由」などをお話さて頂きましたが「あ~、そうか!・・・・なるほどね!」と更なる上達のヒントを掴んだようでした。
毎回感じるのは、皆さんの熱心さと、お行儀(マナー)の良さです。こんな雰囲気が22クラブの月例研修会ですから、まだ参加をしていない皆さんも躊躇せずに参加してくださいね!
でも、まず各クラブの「コース実習会」や「ラウンドレッスン」…そして「キャンプ」などに参加して「100を切って下さいね!」

昨日は「花見川」…明日は「程ヶ谷CC」

3/15(日)は、毎月一度の花見川マンスリーレッスンの日でした。前日の雪にはビックリしましたが、とても暖かい好コンディションで1名だけが欠席。
テーマは前月からのつながりで「腕」…前月は「インパクト付近で左わきを開け!」と言う表現で左腕がキレイに伸びたインパクトが形成されて「気持ちいい!、良く当たるし、簡単に飛ぶね~」と皆さん大喜びでした。
今回は「5スイングでの共通点を探して見よう!」と言うテーマで、配布してあるテキストをみんなでチェックして貰いました。すると「あれ?どのスイングもインパクト直後の両腕の形が同じだ!」…「10ポジションの8番の所だね!」と・・・。
「良く見つけたね!」・・・「今日はコロナの件もあるので、すぐに教室を出て打席に行こう!」そして、コシコシから始めて「見つけた8番のポジションでの両腕の形を意識してやって見よう!」・・・すると「良く当たる!」「真っすぐにしか飛ばないね!」と楽しそうにボールを打っていました。
「みんな!フルスイングになっても出来るかな?」とドライバーまで一通りナイスショットが出て終了でした。
レッスン後には‥‥「これからはプレー中に、どのように攻略すればパーが取れるのか?」…これを学ぶことがテーマですよ!プレーの後の「反省=フィードバック」で無駄だったミスに気づけば大丈夫!きっと良いスコアが出せるようになりますよ!とアドバイスしました。
【明日は、22クラブ月例研修会で超名門コースの「程ヶ谷CC」に行って来ます!】
勉強会のテーマは「日本のゴルフの変遷」と「オリンピックでのゴルフの歴史」についてです。
みんなで楽しんで来ます!

ゴルフ場は混んでいますね!

今週は、役所、金融機関、保険会社、社内打合せと何かと忙しかったのですが、3/11(水)は「葉山校」に行ってレッスン見学と打合せ・・・その帰り道は「馬込校」に立ち寄りましたが道路沿いから坂本クラスのレッスン風景を見ただけで帰りました。(神出鬼没でした)
また、今週中は新型コロナの影響が気になって練習場とゴルフ場をあちらこちら見たり話を聞いたりしましたが、意外にも「混んでいました!」※テレワークや自宅待機の方々が気晴らしや運動代わりに練習場に来ていました。
3/12木曜日はホームコースに行き、プレーよりもリサーチが主でしたが大勢のプレーヤーが来ていました!その日はとても暖かく、桜のつぼみも大きく膨れていて今にも開花しそうでしたし‥‥半袖でプレーしていた方も。
そもそもゴルフ場の面積は、狭いコースでも20万坪、ゆとりのあるコースでは30万坪もあるのです。その中でクラブハウスや駐車場はさほど面積を使っていませんの殆どがホールです。例えば20万坪をホールに使っていたとすれば、満員で200名ですから200,000坪÷200名=1,000坪となり1人が1,000坪も使っている計算になりますね。
こんな広い所でゴルフを楽しんでいたら「新型コロナが感染」心配は無いはずですね。
レストランも広いので安心…パーティー(コンペ)などは控えた方が良いと思いますが、ゴルフを趣味としていて良かったかも知れませんね。(少し不謹慎な意見かも知れませんね!)

7時30分スタートになりました!

先生方のミーティングでスイング論や各ポジションの意味などを話した翌日のゴルフ…茨城GCのトップスタートの時間が3月からは7時30分になりました。
当然、先輩達はこのスタート時間を確保してくれていましたので、練習場でゆっくりウォームアップなんて到底出来ません!
SWからドライバーまで各5~6球づつ、計30球を打ったらすぐ、パッティンググリーンへ行って10回くらい転がして西コースOUTのティーグラウンドを見たら大先輩はすでにティーアップして素振り中です。ティーにたどり着いたときはお二人はすでにショットを済ませていてビックリ!
一気にハーフをラウンドしてレストランに行くと、まだ朝食メニューが置かれいるではありませんか。でも最近、私のお昼は「タコ刺し」と「ぬる燗」だけで習慣化しているので問題はありませんでしたが。(笑)
後半もスピードプレーで1ラウンド終了が12時15分・・・マスター室では「もう帰って来たの?」売店でも「早いね!もう終わり?」・・・最後はバッグ置き場で「あれ?もう帰るの?」と声を掛けらてしまいました。最後は由紀枝ちゃんに電話をしたら「えっ?今どこ?・・・もうコースを出たの?ホント!」・・・でした。

もう一つ気になったこと(宮古島)

各先生達とラウンドしている皆さんのプレーを見て感じたことがあります。
ティーショットでは「プリショット・ルーチン」も「随分キレイな動作になったな~♪」と感心していました・・・でも、2打目以降になると「あれ?どこを狙っているのだろう?」と心配になりました。さらに「あれ?ボールを、どのようにヒットしようとしていたのかな?」と疑問に思う光景が次々と見られました。
ドライバーをはじめティーアップしたボールは「レベルでもアップブロー」でも打てますが、FWやラフからのショットは「これでは当たるはずがありません」・・・皆さんも知っている通りです。
2打目以降やアプローチ、バンカーなどが多くの皆さんが「アップブロー」で打っています。
でも、皆さんの「気持ちは良く分かります!」…「ボールを空中に高く打ちたい」のでしょう。
ここで再確認ですが「D#とパット」は「レベル、またはアッパーでOK」それ以外はすべて、多かれ少なかれ「ダウンブロー…ディセンディングブロー」で打たなければクラブのスウィートスポットにも当たらないし「ボールにバックスピンも掛からないので、すぐに落下してしまいます」このあたりをクラブ内練習で先生ともう一度、再確認して置きましょう。
これが身に付けば、次のゴルフではFWウッドもアイアンも、バンカーショットもボールが上がるようになり、今よりも飛距離も出るでしょう。きっと楽しいゴルフが出来ますよ!