22、ゴルフ,スクール,22クラブ,」タグアーカイブ

月例研修会速報(PGMマリヤ)

小雨の降る中、ピート・ダイ設計の難コースに挑戦しました。
勉強会のテーマは「スコアアップ作戦:PAR3の攻略法」サブテーマは「ダメージ・コントロール」で、絶対に避けなければならない場所とミスショットをした場合の対応方法について学びました。
結果は優勝&ベスグロ(78):外崎恵美子さん(馬込)、第二位(同ネット):岡 恵理子さん(馬込)、第三位:松谷扶美子さん(馬込)でした。さらに第四位は、江崎澄江さんとで女性軍が上位を独占しました!
優勝の外崎さんは「70代は初めてです!」と、後半は3バーディーを取り「36」でラウンド。第二位の岡さんも「こんなスコアは出たことがありません、嬉しい!」と喜んでいました。一方、男性軍は第五位に石黒雅行さん(ゼミ)が健闘しましたが、岡さんのプレーに対して「こんな安定したプレーを見たことがない!」と賛辞を送ってくれました。

表彰式のあとは次回、10月6日(水)千代田CCに7名の方が早速エントリー(参加申し込み)をしてくれました!
毎回、感じることですが22クラブの皆さんは、仲が良く、優しい方ばかりですね。

秋のシーズンに向けて

猛暑も、あと少しで収まり「秋風」を感じられる季節になりますね!
各22クラブでは、4月期、7月期のカリキュラムでは「上達しよう!」を合言葉に、今までとは少し違う「練習課題」を取り入れて来ました。
ただ漠然とショットの練習をするのでは、ラウンドでの好スコアには結びつきません。そこで「コース(18Hs)とホール」を具体的に攻略出来るように「PAR3、PAR4、PAR5」ではどのようにプレーするべきか、どんな時に、どんなショットが必要になるのか?をテーマにしています。
ゴルフショットは「99%」が思うところに打てないのです。
その時に、どのように対処するのか・・・これが大切なのです。
少し難しく感じるかもしれませんが、整理が出来れば「シンプルでイージーにプレーを出来るようになります!」
レッスン中に遠慮なく「質問」をして下さい!「何回も同じことを聞いてはいけない!」「こんな事を聞いては恥ずかしい!」なんて思わないで下さい!
担当の先生と「課題は共有して置きましょう!」そして、克服して行って下さい。

月例研修会 日程とコース

22クラブ月例研修会も、先日の「富士小山GC」で第80回を迎えました。最近では、新たな参加者も増えて来て嬉しく思っています。
未だ、参加していない方も是非、来てください!
今後の日程とコースは以下の通りです。
9月  3日(金)PGMマリアゴルフリゾート(千葉)
10月  6日(水)千代田CC(茨城)
11月16日(火)石岡ゴルフ倶楽部(茨城)
詳細は、順次各22クラブで発表します。

稲見萌寧(イナミモネ)やったね!

東京オリンピックゴルフ女子の最終ラウンドは、稲見萌寧選手がニュージーランドのリディア・コ選手とのプレーオフを制して銀メダルを獲得しましたね!日本選手のゴルフでのメダル獲得は男女を通じて初めてです。※男子の松山英樹選手は、凄く惜しかったですね!
稲見選手は通算16アンダーで2位に並んだ前回大会の銀メダリストでニュージーランドのリディア・コ選手とのプレーオフに臨み、1ホール目で二段グリーンを打ち上げて行くロングパットをピタリと寄せてパーを取りました。このパッティングストロークは皆さんも22クラブで習っている「LLパット」だと分かりましたか?※私は日頃から、日本のプロと外国選手のパッティングの差を強く感じていましたが、ストロークの大きさで正確に距離を合わせることが、長いパットを次々に決めた外国選手との差でした。(★方向は構えで決まり、距離はストロークで決まります)
そこで、稲見選手のパッティングスタイル(ストローク式)がプレーオフの大事な場面での「稲見選手のロングパット」がピタリと寄せることにつながりました。パーパットを決められなかった「ディア・コ選手」ですが、元々すごい選手です。しかし、ドライバーが右のバンカーに入れてしまいましたが、そこからの「レイアップショット」は流石でしたね。※よく見ていたかな?
NHKの朝の連ドラ「おかえりモネ」も放送中で、暫くは「モネ」ブームが続きそうですね!

オリンピックは、興奮するね!

オリンピックが始まる前の解任騒ぎなどで、興味を失いかけていましたが、始まって見れば「やはりオリンピックには興奮しますね!」
1年間の開催延期で選手たちも、コンディションやモチベーションを維持する為には大変な苦労をしたと思います。
メダルの獲得者だけでは無く、大会に出らるだけでも「世界のトップレベルの証(あかし)」ですからね!
7月29日(木)からは、いよいよ「男子のゴルフ競技(日本代表:松山英樹、星野陸也)」が始まり、8月4日(水)からは「女子のゴルフ競技(日本代表:畑岡奈紗、稲見萌寧)」です。霞が関CCの猛暑の中、どんなプレーをするのか?…とても楽しみです!

パット、チップ練習再開

本日7/4(日)の午前中に由紀枝ちゃんが退院することが出来ました。まだ、杖を突きながらですが自力で階段も登れました!
私の家事担当は、もうしばらく続きますがホッとしています。入院中は気が引けて行わなかった「パット、チップ練習」を再開しました。その間、スタッフ研修会や茨城GCでプレーはしましたが練習をしていなかったので、当然「寄らない、入らない!」でスコアは不満だらけでした。
スコアをまとめるには俗に言う「寄せワン」が取れないといけません。「ドライバーも1打ですが、パットも同じ1打」・・・ですからね。
皆さんも、家の中で少しの時間でも「パット練習」は出来ますので、これを怠らないようにしませんか。

笹生優花が全米女子オープン制覇

松山英樹のマスターズ優勝に続き、凄い快挙をやってくれましたね!笹生優花が全米女子オープン制覇ですよ。
それも、畑岡奈紗とのプレーオフで!メジャートーナメントで日本人同士がトップタイでプレーオフなんて想像したこともありませんでした。凄く嬉しいです!
それにしても、気になるのは前日までトップだったレキシー・トンプソン選手がスコアを崩したことです。このトーナメントでは、米国人が暫らく勝っていなかったと言うことや彼女自身がメジャーのタイトルが初めてだったそうですからかなりの重圧があったのでしょうね。
詳しい情報は、各メディアのニュースを見て下さい!
とにかく・・・おめでとう!

 

凄いことをやってくれましたね!

オーガスタナショナル女子アマチュア(AUGUSTA NATIONAL WOMEN’S AMATEUR)、男子メジャー「マスターズ」が開催されるオーガスタナショナルGCでの最終ラウンドが行われ、岡山県出身の17歳・梶谷翼(兵庫・滝川第二高)がエミリア・ミリアッチョ(米国)とのプレーオフを制して優勝した。日本人の大会制覇は初めての快挙です!

懐かしい投稿(横浜校2014年)

皆さんに「10ポジション」をどうやって伝えようかと今日もPGAマニュアルと睨めっこをしていました。ビブログにも何回か投稿していたはずなので「過去の投稿」を検索して見たら「横浜校でレッスンをしていた頃の「投稿」が出てきました。懐かしいな~♪

2014年7月>みなさんもレッスン中に、必ず耳にしている【スイング10ポジション】。
昨日の横浜校のレッスンでは、新入会の方もいらしたので、メニューを【基本の確認】の意味を込めて【10ポジション】の中で、インパクトゾーン(ポジション2~ポジション8)の復習をしました。みなさん、私の【バック&スルー】掛け声に合わせてキレイな弾道のボールを次々に打ってくれました。
新入会の方も「なるほど!手でばかり打っていたなあ?」と納得しながら、一生懸命練習してくれました。
コネクションを守り、ショルダーターンを少し大きくしてフィニッシュまでのスイングをすると高くキレイな放物線を描いてボールが飛んで行きます。(※基本が出来ている、上手になったなあ~=私のつぶやき)

「緊急事態宣言」の発出に関してのコメント

いつも22クラブをご愛顧下さいまして、ありがとうございます。
さて昨日、政府より1都3県に対し「緊急事態宣言」は発出されました。
22クラブでは、昨年2020年4月7日の緊急事態宣言の発出から約2ヶ月にわたり「全ての22クラブ」を休講にして、政府の要請に協力して参りました。そこで、スタッフミーティングを繰り返し、「22クラブスタイルの感染防止策」を以下のような内容で設定し、現在でもそれらを継続しています。

  • 教室内の消毒、除菌、換気、座席のソーシャルディスタンス確保。
  • 打席でのレッスンでは、インストラクターのマスク着用。
  • 打席移動についてのルールを決めた。※接触を避けるため。
  • レッスン隊形について、多様なパターン化を決定。※接触を避けるため。
  • 使用した「貸しクラブ類」の消毒作業。
  • インストラクター達も毎クラスごとに「換気、消毒作業等」をしてくれています。
    以上の内容で、生徒の皆様にも、ご理解とご協力を頂いて実践して参りました。

また「22クラブ活動」を行う「練習場」施設は「打席幅が2.5メートル以上」のソーシャルディスタンスが確保されています。さらに「ゴルフコース」は、クラブハウス(フロント、レストラン、浴場、ロッカー)を除くと約20万坪の広大な面積の中を「最大で200名」でプレーを行います。単純には1人のプレーヤーが「1,000坪」もの面積を専用する計算になります。
ゴルフは「自粛生活」の中で生じる「運動不足やストレス」の解消、適度に「人との交流、コミュニケーション」も図ることができる、非常に有効なスポーツだと思います。
以上のように「練習場」「ゴルフコース」ともにゴルファーの自己責任において(マスクの着用、手洗い、大声での会話を避けるなど)の各自が感染防止策を行うことで感染のリスクは抑えられるものと考えます。そこで、22クラブの「レッスンや日帰りのコース実習会」などは通常通り行うことに致します。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
なお、「緊急事態宣言」の行動制限の中で、20時以降の外出自粛について「運動・散歩」は除外されております。自粛生活で生じる体調の悪化を防止する意味でも、週に一度の「ゴルフ練習/レッスン」は有効な手段だと思います。
しかし、コロナ感染拡大の中、「密」を避けることや大人数での「会食、飲食」、さらに「長距離の地域移動」は、極力避けなければならないと思います。
そこで、毎年皆様が楽しみにしている「ゴルフトラベル(2021年2月は沖縄)」は、中止するべきとの結論に至りました。参加申込みをして頂いた皆様には、大変申し訳ありませんが何卒ご理解を賜りたいと存じます。
コロナ感染が落ち着いて来たら再度、新しい企画をさせて頂きます。
皆様もゴルフと同様「自己責任において」各自が感染阻止に努力して頂き、コロナに負けずこの危機を乗り越えましょう!