22,ドライバー,ゴルフスクール,初心者,」タグアーカイブ

スタッフ納会

12月27日(金)~28日(土)の一泊二日で「Best Inductionスタッフ納会」をいつもキャンプで使用している「スパ&ゴルフリゾート久慈」で行いました。誰と会っても、どこへ行っても「先生、元気ですか?」と声を掛けて頂きました!(全員、キャンプ担当の先生なので・・・)
1番人気は由紀枝ちゃんで「だいじょーぶ?」「いつからゴルフが出来るの?」と気遣って貰っていました。・・・帰りがけには「来年の春は、待ってるよ~!」と声を掛けてくれました。
納会のゴルフは、ハーフ毎に色々なプレー方法(4種類)を行いました。
➀1回でも使用したクラブは、2度と使ってはいけないゲーム。
②5本だけでプレー。D#,(Fw、UT、、5Iから1本),8番、SW、パター
③偶数ホール(偶数クラブ)、奇数ホール(奇数クラブ)を使用するゲーム。
④通常通りプレーする。
先生達は、仲良く、楽しそうにプレーしていました。
そして、最後は「来年も元気で頑張ろう!」で、お開きにしました。

oznor

22クラブの活動は、明日1日に

早いもので2019年の22クラブの活動は、明日1日になりました。
2月の海外GT「プーケット」、5月と12月の「チャップマンズトーナメント」、6月と11月の国内GT、11月の「ひよことチャップマン」、さらに5月のゴールデンウィークと8月の夏休み、9月の「ゴルフキャンプ」など多くのコースプログラムを開催しました。
毎月のイベント週間(コース実習会、ラウンドレッスン)には初心者からベテランまで多くの皆様が参加してくれました。月例研修会も・・・・。
普段のレッスンの成果は出ましたでしょうか?
ゴルフには「これで終わり!」はありませんね!これからも皆様のお役に立てるようスタッフ一同努力してまいる所存です。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

花見川の練習は

今年最後の講座でしたので、コース内の4つのエリアで使用する「パット、アプローチ(4種類)、フルショット」の総合復習をしました。
一人の方が「左ひじが痛くて・・・」と言うので、念のため「スイングでは、何かしようとしていることがあるの?」と聞いて見てビックリ!
「トップの位置で左腕をピンと伸ばすこと」「フォローでも同じように左腕を伸ばそうとしていました」・・・私から「プロの写真」や「映像」を見て研究したんだね!勉強熱心でとても良いですね。
つづく・・・今日はここまで。皆さんも同じことを実践しようとしているなら「すぐに先生に報告してください!」必ず、「ひじを痛めてしまいますので直ぐにやめるように!」と言われるはずですよ!

ドライバーは、胸で「ボールを見るな!」

「ボールを見るな!」…何のこと?と思うでしょ。
コースでのドライバーショットを見ていると、「飛ばない人」「スライス」「引っ掛け」「テンプラ」を打つ人の共通点がハッキリしています。
それはセットアップでフットラインはスクウェアなのに①胸がボールに向いている…つまり両肩のラインが左(オープン)に向いています。②左腕が曲がり、左わきの横に添えられています。一方、右腕はピンと伸ばしています。③体重と背骨が左に傾いています。
このセットアップでは、バックスイングが浅くなり、アウトサイドに上がり、インパクトでは左腕が曲がってしまいます。これでは、ボールを力強く、高く、まっすぐに打つことは出来ません。
グリップを毎回チェック、両上腕を胸とコネクションした後、ボールラインのの右側に立ってターゲットラインと胸のラインを平行にします。この状態から左足をボールラインの左側に移動させ。右足を平行に開きます。当然ですが、ボールは左脇の前になります。
自分の中心(胸の真ん中)は、ボールよりも10センチ前後右側にあります。このセットアップができればドライバーを打つことが「楽しくなる!」と思います。
練習場の打席では正面に「打席仕切り板」がありますので、ティーアップされたボールの右側に目印になるもの「カラーボール、ティーペグ、一万円札(笑)」を置いて、それに胸の中心が向くように注意しながら練習して見ましょう。
はじめは「違和感だらけ」でしょう。この違和感が「普段からスクウェアに構えられていない証拠なのです!」
ドライバーを飛ばせ、安定させろ!…ゴルフに行くことが楽しくなるからね!