22クラブ,ゴルフスクール,初心者,ゴルフ,」タグアーカイブ

22クラブスタイルの練習計画

前回の投稿「コメント」にも書きましたが、自粛は思わず体調の変化をもたらすようです。
実は私も、12月26日から「自粛と年末年始休みで」外出はせずデスクワークばかりしておりました。そして1月6日(水)に「今年の初練習」に行きました。いつもの通り200~300球を力まずに打ったつもりでしたが、その日の夜と翌朝には「強い筋肉痛と全く握力が無くなって」ものを持つことも出来ない状態でした。「体のどこかが悪いのかな?」「毎年の感じと違う自分に戸惑ってしまいました」が、それから3日間マッサージとストレッチを繰り返していたら「徐々に回復して来たので、ホッとしました!」※大袈裟に言うと「もうゴルフは出来なくなるのか?」なんて、不安になったりして。
1月9日(土)には、ホームコースの先輩から「招集が掛かり」プレーをして来たのですが、何とか無難にラウンドすることが出来ました。※スコアは、HDCPの8オーバーでしたが。
コロナ禍の中ですが、今年も「22クラブスタイルの練習計画」を提案します。春のゴルフシーズンに向けて皆さんも準備だけはして置きましょうね!
明日1月12日からは1月期の「22クラブ練習」が始まります。週に一回は、健康の為にも体を動かしての基本の確認が一番だと思います。先生達もその辺りを「考慮しながらメニューを進めてくれると思います」
「22クラブスタイル(年間練習計画)」
※4つのエリアと、5スイング、5ストロークをお忘れなく。
1月 基本の再確認(GASPMと自分のチェックポイントMEMO作成)
2月 チェックポイントMEMOに従って反復練習
3月 コースで試運転開始(コースマネジメント=自分の攻め方MEMO)
そして・・・春のシーズンへ突入しましょう!

スタッフミーティング

今日は本部で「スタッフミーテイング」を開きました。
テーマは、来年1月期の「すべてのカリキュラムについて」でしたが、先生達は熱心にメモを取り来期への準備をしていました。
今更ながら「基本4ショット」「5スイング&5ストローク」「スイングの10ポジション」などの確認と指導上の注意点を再確認。
私から見て最も気になったことは先生達自身の「パッティング」でした。(本音)
「パッティング?・・・なぜ?」とお思いになるかも知れませんが「最もクォリティーが高い技術」だと私は思っています。
グリーンにオンさせても「バーディーパットが入れられない!」また、折角、アプローチやバンカーショットを成功させても「1パットのパーで切り抜けられない!」・・・これでは良いスコアが作れないからです。先生達のスコアは少ないので「パッティングのミスは許されません」からね。
私の指摘に熱心に耳を傾けてくれていましたよ。

先生達の勉強会

22クラブの先生達は常に勉強熱心です。
明日も休日を返上して勉強会を行ってくれます。
いつも皆さんが参加する「鶴舞CC(ハーフ)」を利用して朝8時から夕方まで練習場やアプローチフィールド、バンカー…そして、最後はコースで9ホールのラウンドレッスンの勉強を行います。
皆さんに分かりやすく伝える為に!
私も身体がどこまで持つか分かりませんが、すべての場面でデモンストレーションと解説を担当することになっています。結構、先生方は「人使い」が荒いのです!(苦笑)

久慈も紅葉

毎月定例の「由紀枝奥様の接待ゴルフ」でスパ&リゾート久慈に来ました。
涼しい秋風がとても気持ち良く、樹々も紅葉していてコースの景色は中々の趣きです。
ヴィラから18番のティーの奥の方に2つの雲がツノの様に見えましたが、次第にモクモクと大きくなって「仲良しの二人のように見えました!」勝手ですが22クラブのシンボルマークに見えて来ました。

2つの仲良し雲

空気が美味しい!

昨日は、スタッフミーティングで22クラブ葉山に行きましたが都内とは大違いで「空気が美味しかった!」また、山の緑も、青空と雲のコントラストは「目を大きく開かせてくれました!」
まず冒頭に先生達へ「夏場のレッスンに使って下さい」と、暑さ対策の快適グッズやドリンクなどをプレゼントしました。「ポロシャツ」は、明日以降に届けることにしています。
今回のテーマ「面白いティーチングとは」でしたが…VTRカメラで各先生のレクチャーを撮影して、お互いにチェック・・・・。かなり苦戦していました(笑)
レッスンを受けてくださる皆さんが「面白くて、気分が良くて、楽で、タメになる」・・・こんな「ティーチング&コーチング」を22クラブのテーマとして、「これからも努力せよ!」・・・でした。
その後、基本のスイング形成ドリルを私が実際に行って見せながら、詳細を再確認して貰いました。
葉山のお土産に「やぶ蚊」のきついプレゼントをたくさん貰って帰りました(あ~、かゆい!)

ころころ変わるのはどうかな?

昨日のビブログで「※休講期間の間、皆様のお役に立てるように「ゴルフレッスン」関連ほかの投稿をさせて頂くつもりです。」と書きました。そこで、今日は22クラブの考え方で最も大切にしている「ゴルフはシンプルに・イージーに学ぶべき!」からお話をします。
22クラブの「休講」を決めた理由は「自粛要請」を受けて早急に「三蜜」に対しての対応をしなくてはとの判断からでした・・・しかし昨日になって政府は「2週間、延期、様子を見て判断」と「緊急事態宣言」とはかけ離れた提案をして来ました。
ゴルフが生涯スポーツと言われる所以は、このような状況に対して各自がどのように判断し行動するのかなどが「まさにプレー中に発生する様々な出来事」と同じだからです。
ゴルフでは「シンプルに」では、何を優先順位の第1に考えるべきか…それは他人に対する気遣い=「エチケット・マナー」に決まっているはずです!
これがお互いに共有されているのが「ゴルファーズオネスティー」「ゴルファーズマインド」です。22クラブはこれを前提としてコンセプトを「集い、学び、競い!・・・そして楽しむ!」…にしていて「日本一、居心地の良いゴルフクラブ」を目指しているのです。
皆さんにお願いです「自粛」しましょう。不要不急の外出は控えましょう。
次回からはプレーに関する投稿をします。

グリップを少し太くしたら!

どうしてもドライバーを強めにスイングするとヘッドが返って「大きくフックする」などコントロールに苦労していました。スイングを変えることは危険なのでしたくはありません。
丁度、グリップが摩耗して来たので練習場に来ている修理屋さんに「少し太いグリップ…そしてやや硬めにして!」とお願いしました。「これはどうですか?」と2~3本提案された中から「バックライン無し」の1本を選びました。「これで!お願い」「メーカー名が見えないように裏向きに装着して!」「〇番打席いるから持って来て」と告げて練習をしていました。15分後に「出来ました!いかがですか?」と打席まで持って来てくれましたので早速、2~3スイングして見ました。
「これでイイよ!ありがとう!」と言ったあと練習の後半で打って見ましたが強く叩いてもフックは出なくなりました。
週末の茨城GCではラウンド中すべて「強めに叩いて」来ましたが結果はとても良かったです。
皆さんもどうしてもフックやスライスが出てしまう時は「先生に相談して見る」ことをお勧めします!

ひよこの熱気で雨は降らず

大磯ゴルフコースは、早朝から雨が上がっていました!理由は、ひよこさん達の熱気!

当日は、遅刻もキャンセルも無く皆さんが定刻に集合してくれてとても嬉しかったです。北風がやや吹きましたが、空にはウェルカムひよこの『虹』がくっきり出ていました。今回のひよこさん達は今までで一番素晴らしいと思います。ここから巣立ってステキなゴルファーになることでしょう!先生達も準備から当日も一日中、ありがとうございました!

 

夏ゴルフは準備次第!

夏ゴルフは「準備次第」で比較的快適にプレーが出来ますよ。
秘策ではありませんが、私の場合「保冷バッグ」に凍らせたポカリ1本と凍っていないポカリを1本+塩田ブレット。そして、前日、冷蔵庫で凍らせ小タオルのおしぼり2本、それに「氷嚢」または「ビニール袋に詰めた氷を一袋」。時間を見て氷袋の半分をは「カートに備え付けのペットボトルケース」にあけてしまい「氷水」にして「おしぼり」を常に冷やしておくこと。
それに、ハーフが終わって昼食前にウェアを着替えること。(時には、下着も・・・)
ここで、コースが準備してくれていれば、氷と飲み物を補充しましょう。
これだけ準備してもプレー中に「頭が痛い!」と感じたらプレーを中止することも、考えましょう。決して無理をしてはいけませんよ!

月例研修会のスコアカードを見て

先日の22クラブ月例研修会(河口湖CC)が終了した後、皆さんのスコアカードを一人ずつチェックして見ました。
目に付くのは「ダブルボギー」または、「それ以上叩いているホール」がいくつか混じっていることでしたね。アプローチがあんなに上手なのに何で?と思いました。
これらを無くして行けばスコアも安定できるはずです。では、どうしたら良いか?
いくつか考えられる要因を挙げて見ますので、参考にしてください。
➀ティーショットは距離よりも「方向」を忘れずに。
②2打目以降は、傾斜、ラフでは無理をせず「小さめのクラブ選択」と入念な素振りを。
③グリーンオンを狙うときにはグリーンを長く使える方向が優先。(ピンから多少離れても)
④アプローチの成功は「乗れば良い!」使用クラブは「パター>8・9番から考える」
⑤パッティングではグリーンに上がる前に傾斜を観察。
⑥ホールの反対側に回ってボールの転がり方をイメージ。
⑦顔を上げ、ホールを見たまま素振りでイメージを出してから、ストロークする。
⑧順回転(目標に向かって転がるように意識してイン>インに)
思い当たるところがあれば1つでも実践して見てください!
もし、大叩きしてしまったら次のホールまでには「忘れよう!」