タグ別アーカイブ: 22クラブ,コースレッスン,ゴルフスクール,

福島県いわき市のゴルフコースへ下見に

昨日、「ヘレナ国際カントリー俱楽部&乗馬クラブ」へ行ってきました。
なんと80万坪の敷地ですって!
現在は、ゴルフコースと乗馬クラブが営業していますが、敷地内にはまだ未完成の豪華ホテルもありました。コースは広々作った18ホールでとてもFWも広々していました。またコースの周りも「広大な未使用の緑地帯がたくさん」あり、とにかく解放感がいっぱいです。

6月の国内ゴルフトラベルで黒沢、三山先生が行くことになっていますが、18名用のヴィラが5棟あり、様々な使用方法が考えられます。二人の企画に期待しています。

郵送完了!これから月例研修会です。

昨日、ワールドゴルフトラベル(タイ、プーケット)に参加された皆様にDVD、記念写真、成績表などをセットにして郵送を完了しました。
今回の身体的ダメージは右手首痛、右肩痛だけで済みました!
ダメージといえば今回の月例研修会の勉強テーマは「ダメージ・コントロール」…とは言ってもこちらは精神的なことです。新千葉(あさぎり)は、距離のあるホールが多くあるので心配している参加者もいるのではないでしょうか?
ここで役に立つのことが今年の1月、3月のテーマで「ボギーオン率100%を目指そう!」という考え方でしょうね。これが、実践できれば大きくスコアを乱すことはないでしょう!
そして、今回は初めて私から「基本4ショット」のスイング形成について、まとめてアドバイスします!今年のゴルフライフがより楽しいものになれば、嬉しいのですが。
では、そろそろ坂本先生が迎えに来てくれますので、準備しま~す。

銀座訪問

昨日、17時30分から21時過ぎまで銀座港にお邪魔しました。
まず、階段を上がると素晴らしい打球音が聞こえて来て…中に入ったら月例研修会にいつも参加してくれる斎藤さん、それに丹沢社長、そして初対面の男性会員の3名が熱心に練習をしていました。
皆さんは普段からよく練習しています!※すごい当たりが多いので、ネットの痛みが早いのは彼らのせいかな?(笑)
本来の目的は松村先生のレッスン見学とアドバイスすることでしたが、松村先生から「22クラブの校長先生ですよ!」と紹介されレッスンに来られた皆さんにも緊張を与えてしまったかも・・・。ごめんなさい!
「ひよことチャップマン」でお会いした方々は、みんな上手になっていましたね!
レッスン中、気づいたことを松村先生にアドバイスをしながら感じたことがあります。
「コースデビューの準備」を整えたり、「各自の課題を明確にして上達して貰う」ことが22クラブの目標。それを如何に「シンプル・イージー」に伝えられるかなのですが、少々まとまりに欠けている見たいでした。先生も良く頑張っているので、今回のアドバイスが生かされることを願っています。
また、お邪魔しますので会員の皆様は「緊張する必要はありませんので、いつも通りでお願いしますね!」

これから銀座校へ

今日の担当インストラクターは松村先生です。
おしゃべりが大好きなので、レッスンがスムーズに進んでいるのか見学とアドバイスをしに行ってきます。
22クラブのレッスンは「ゴルフは、シンプルに(整理して)・イージーに(分かりやすく)学ぶべきです!」がテーマ。皆さんに、ゴルフを楽しんで欲しいので、22クラブのコンセプトは「みんなで集い、学び、競い・・・そして楽しむ!」…です。

さあ、そろそろ動き出さないとね!

春のゴルフシーズンは、もうすぐそこまで来ていますよね!
冬場はどうも…と言っていた方々も「もう、そろそろ動き出さないと!」
22クラブスタイル(年間練習計画)では、以下のように推奨していますが、私が最もお勧めする練習ポイントは【プリショット・ルーティン】を確立することです。
1月 基本の再確認(GASPMと自分のチェックポイントMEMO作成)
2月 チェックポイントMEMOに従って反復練習
3月 コースで試運転開始(コースマネジメント=自分の攻め方MEMO)
4月 基本スイング反復練習と(コースマネジメント=自分のMEMO)※ラウンド多くする。
暫くぶりに練習すると「当たらない!」といって闇雲にボールを打つのはかえって遠回りすることになってしまいます。
そこで、基本のスクウェア・システムを思い出しましょう。
「セットアップの3要素」
①「ターゲットライン(TGL)」を決定する(ボールの前後にスパットを見つける)>ボールとターゲットを結んだ線(飛球線とも言う。)
②「ボールライン(BL)」>TGLに直角にボールから 自分に向かって引いた線。>ボールの位置を決定する。
③「フットライン(FL)」>TGLと平行で両足(両肩)を結んだ線。(スタンスラインとも言う)
これら3本のラインが平行、直角になるのが「スクウェア・システム」ですね。
これらを利用して正しくセットアップする順序が「プリショット・ルーティン」です。
あまり長文になってもいけませんので、22クラブの推奨しているルーティンは次回に確認をしましょう。

さあ、これからが大変なんです。

先ほど、到着が遅延された皆様にお電話を差し上げました。留守電の方もいらしたので取り合えず「メッセージ」を残しました。本当に「お疲れさまでした!」
さあ、例年通り私は、これからが大変なんです!
先生たちが撮影した写真、ビデオを編集して「DVD」に「旅の思い出」を作成しなければなりません。素人(私)仕事ですから、たくさんの時間を要します。毎年のことですが右手は腱鞘炎、そして腰痛、目はチラチラ・・・結果的には私のゴルフスイングは「バラバラ」になります(笑)
でも楽しみにして下さる参加者の方々の為に、ガンバリますね!

報告:大変でしたね、お疲れ様!

今回のゴルフトラベルは、新たな企画として短期(4日間)コースを設けましたが総勢29名のうち「11名」も参加して下さり、とても嬉しい限りです。
みんな一緒に毎日ラウンドをして、最終日には恒例の「エンジョイトーナメント」を開催。
なごり惜しそうにお別れしましたが、プーケット空港で短期コースの方達に思わぬ飛行機のトラブルが発生してしまい、長い間空港で待機を余儀なくされ予定通りですと翌朝の6:30に羽田到着が早い便で16:30、遅い便の2名は23:30に到着することになってしまいました。
海外旅行にはこんなアクシデントは良くあることとは言え本当に残念な結果になってしまって、何といって良いのか・・・。大変でしたね、お疲れ様でした。

銀座校>蒲田>銀座校

久々に坂本先生のレッスンを見に22クラブ銀座に行って見たらその時間は欠席者ばかりでレッスンはナシ!
気に掛かること①鏡に指紋がいっぱい②イベント告知がグチャグチャ③加湿器の位置と個数・・・かなり課題はありましたので取り合えず片づけて…蒲田へ向かいました。
それは治療のため!数か月続いている右肩の激しい痛みを茨城のメンバーに相談したら「良いところがある、行って見なさい!」と紹介された例の治療院へ。先生と約1時間30分格闘した後は、疲労感はかなり凄いのですが何かスッキリします。痛みも消えるしビックリしたのは4回目の治療なのに20年間治らなかった右ひじが元のように伸びてきたこと。これにはホントにビックリです。もしかしたら元に戻るかも!
その後、銀座に戻り坂本先生のレッスンを見て「安心して」帰宅しました!その夜の自家製「鶏ちゃんこ」と「三ケ日の美味しいミカン」で久々によく眠れました。そうそう、日本酒も心地よくしてくれました。頼もしい九ちゃんありがとう!
 

基本に帰ること!

最近のゴルフは昔を思い出せない「歌を忘れたカナリア状態」で、プレーをするたびに落胆の連続です。こんな筈ではない!なぜボールが上がらないの?全く芯を食わない!…
ここでいつものように「基本に帰ることが大切!」が私の信条。
目標を決めて、ボールの飛び方をイメージ、そして、プリショット・ルーティン…GASPMを慌てずに行い、2番~8番のインパクトゾーンイメージを入念に…ヘッドが両手を追い越さず、腰も自然に使うこと。
結論は「軌道(パス):インサイドイン+打撃角度(アングル)レベルブロー+フェイス(スクウェア)+ヘッドスピード(ブランコのリズムで加速から一気にフィニッシュへ)+コンタクト(芯で打つ)」これを追及しながら丁寧に、大胆に1球ずつ打つ。
SWから始め今日は9番アイアン>7番アイアン>ウッド7番>ドライバー>5番アイアンと300球。
私の場合は「トップの右ひじが上手くたためない」ことと、ダウンスイングが少しだけ「上体が早く回転する」ので両手が本来の位置よりも左に触れてしまうことが課題。
両手を正しいトップからフィニッシュの位置へ振ることを目標にして繰り返しボールを打って来ました。
丁寧にプリショット・ルーチンを入れるので1球打つのに時間が掛かります(15秒)それを300球も繰り返すのですから4時間ほど掛かりました。
皆さんは先生方からポジションのエラーを正しく指摘されながら行うでしょうが、私は一人!…打席に設置の有料VTR装置でチェックしながら…ただ黙々と!
最後はSWで50ヤード先のピンに当たるまで打って、その後は「備え付けの掃除用タオルで」・・・すべてのクラブのグリップをキレイに拭いて終了でした。ショットの結果は「25%」の確率で思い通りのショットが打てました。

大勢参加した1月の実習会

先週の「イベント週間」に大勢の方々が参加してくれました!
先生方からの報告では楽しそうな雰囲気が伝わって来ました。
22クラブでは「レッスンはコースで完結するもの!」を目標に実習会やラウンドレッスンに工夫をしていますが、今回は成果が出たようです。
ご都合が付かず参加できなかった皆さんは是非、次回には参加しましょうね!