言い方次第で変わる気持ち

先日講義の中で生徒さんから、うれしかった出来事があったと発言がありました。その出来事は、皆さんも経験があると思いますが、ラウンドをしていますと、前のパーティーが詰まってラウンド時間が遅くなったり、前の組との間隔が空いてしまったりすると「マーシャル」が来て、「急いでください!」などの注意勧告があったことありませんか。その際に、注意された組は「急ごう」と思いますよね。その生徒さんは、コースデビューの方がいて中々前に進むことが出来なかったそうです。「早く回らなくては」と気持ちは焦るし、自分のショットは出来なくなるし、負のスパイラルに陥っていた時にマーシャルの方が「お手伝いしますよ」と、声をかけてもらい、3ホールほどお手伝いをしてもらったようです。通常ならば、「進行が遅れています早く進んでください」で終わると思うのですが、今回のマーシャルさんの言い方と行動が、とても心に響いてこのコースの大ファンになったそうです。
ラウンド後、コースのフロントに行き、今回のお礼と挨拶をしたそうです。このコースのファンになりこれからも、何度も行きたいと言っていました。もちろんラウンドの時間がかかりすぎるのは、良くありません。ルールマナーを守って、ラウンドを心がけましょう。

ストレス・フリー

「あんなにストレス・フリーなラウンドは初めてでした。とても楽しかったです。」4月ショートコース実習会にご夫妻でご参加くださったご主人から、ご感想をいただきました。
降雪のため1月のコース実習会が中止になり、奥様もようやくコースデビューができました。午前中は各ショットの確認をしながら、プレーの進め方、エチケットを学んでいただきました。午後からのプレーは体力と暑さ(夏日になりました)を考慮して、スクランブルゲームを利用した方法でプレーをしていただきました。プレーの進行、歩くスピードなど、要領を得ない中、ショットが当たるかどうかの心配を抱えられているようでしたので、スクランブルゲームのプレー方法を聞いて、皆さん「ほっ」とした面持ちでプレーに臨むことができ、時間の許す限り最後までラウンドをしていただけました。
冒頭のご主人は、貸し切りなので後ろから追い立てられることも無く、ミスショットを気にすることなく伸び伸びとプレーができたとのことでしたが、一番はコースデビューされた奥様の楽しくプレーされている姿を見ることができたことだったようです。

初めての夫婦ゴルフ

スクールに入会した目的は「いつか、御主人と一緒にプレーする事」と言っていたAさんがスクールに6ヶ月通い、ショートコース実習会にも参加。そして、4月のイベント週間(休講週)に初めて御主人と多摩川のショートコースでプレーしたと報告をしてくれました。とても嬉しそうに話をしてクラスの仲間からは「良かったですね!」と祝福されていました。最後にAさんから「残念だったのがボールをたくさん無くしてしまったことです」と悔しい思いも教えてくれました
私からは「最初は誰でもボールは池に入れたり草むらの中に入ってしまい見つからなくて、よく無くしますよ、これも良い経験ですね」と一言。Aさんは「主人からも同じことを言ってもらいました」とホッとした様子でした。
次の目標はとして御主人から「本コースへ一緒に行こう」とお誘いがあったそうです。そう言えば・・・私が高校1年生の初めての夏合宿で100個持って行ったボールが2泊3日で1日2ラウンドをプレーし最後に残ったボールは3個だった記憶が蘇りました。

バスで、レッスンに

毎週、日曜日と水曜日の週2回レッスンにおいでになる練習熱心な80歳代の会員の方。
2ヶ月位前から自動車の運転に自信がなくなり目も疲れるので、そろそろ車の運転を辞めようかなと話をされていました。
いつもより早い時間においでになったので「今日は早いですね!」と言うと、「自動車でなく今日はバスに乗ってレッスンに来ました!」と・・・。「本当に運転を辞めたのですね!」すると「先生、これから車が無くても今まで通り運動と健康の為に週2回のレッスンと月2回のコース (葉山国際のメンバー) でのラウンドを楽しみます!」と・・・。
これからも、応援したいと思います!(インストラクター武田忠雄)

4月の実習会はお花見を兼ねたゴルフ、どのコースも桜桜・・桜。大磯ゴルフコースでは青空の下、海はキラキラ輝き、満開の桜と僅かに見える雪の富士山、コースデビューの方達は最高の条件が揃いました。始めは緊張した様子でしたが、初めて会った方達とすぐ仲良しになり「ゴルフは楽しい、コースいいね!」「次回の実習会も、参加します」「躊躇しないで、早く参加すれば良かった。腕を上げてからと思ったが、それではいつまでもコースに行けないですね」
4月は毎年恒例の富士籠坂36ゴルフクラブ、コースの桜は蕾でした。皆さん一打、一打考えながらのゴルフ「ベストスコアで廻れた!」「13番ホール、イーグル取れた!」「仕事が忙しく半年ぶりのコース、広々したコースで安心して廻れた」「ボールは中々思った場所にいかないので、作戦変更ばかりだが、ゴルフは楽しい」帰りは予定通り経ち寄る富士霊園の桜は見事でした。これからのコースは新緑で満ち溢れます。ゴルフを充分楽しみ、自然を満喫しましょう!イベント案内は22クラブホームページで確認してください。チャップマンズトーナメントは5月20日、是非参加しましょう!

二軍

「アイアン、替えたんですか?」と休憩中に声を掛けられました。
私がデモンストレーションをしている時に気が付いたようです。よく見ていますね。先月から二軍のセットを引っ張り出して使っています。一軍のセットはグリップのラバーが劣化し、ツルツル滑る感じが出てきており、交換の時期を向かえています。コロナ禍で、生産ラインが止まっていたり、物流が悪かったりしているので、ゴルフクラブのパーツが世界的に不足しております。グリップ(ラバー部分)も不足しており、クラブメーカー同士で取り合いになっています。大切なグリップですから、妥協して好みでは無いラバーは使いたくないことをお話ししました。二軍と言ってもクラブ自体は気にいっていますし、一軍から二軍へ降格?した時に、ラバーを新品に交換しておいたので安心して使えています。このまま活躍すれば、一軍に返り咲きといったところでしょうか。こんな事情もあり、クラブのご注文をいただいている皆さんには納品が遅れ、ご迷惑をおかけしております。次期一軍が来るまで、もう暫くお待ちください。

4月期復帰

先週でスクールの1月期が修了しました。
来期、やむを得ず休会をする方もいます。休会の時はスクールの休会用紙を提出することになります。その際に「来期復帰希望をします」と記入していく方もいらっしゃいます。来週から4月期がスタートするのですが予定通りに「スクール復帰」をする方が申込みに来場してくれました。フロントの方とも楽しそうに話していて皆、笑顔で楽しそうでした。春のベストシーズンも目と鼻の先まで来ています。復帰の方はまだ間に合いますし、新しく入会希望の方も新設クラスもあります。皆で一緒に楽しみましょう。

服装

寒暖差の激しい春、服装に気を使いますね。
桜の花が満開になったと思ったら、みぞれ交じりの雨が降り忙しい天候です。レッスン前の皆さん「今日は暖かいですね。突然やってきた春、嬉しい!」「今日は涼し過ぎる(22クラブ寒い暑いは禁句)冬物片づけたので引っ張り出すのが大変」日本は北海道から沖縄まで南北に長く寒暖差があります。今の季節は半袖、長袖のポロシャツ、セーター、ベスト、ジャンパー、暖かいズボン、爽やかなズボン等々、各種必要。体調を壊したら大変です、片づけるのはもう少暫く後にしましょうか。キャディーバッグは、気候変動に対応できるよう収納場所が沢山あります。コースで困らないように、何が入っているか確認しましょう。現在の横浜ゴルフプラザは、美しい桜が咲き乱れ、掘りたて竹の子を美味しく湯がき、フロント横に陳列、すぐ売り切れてしまうほどの大人気、毎年恒例春の訪れです!冬の間の練習成果をコースで表現、皆さんの腕も春の訪れですね?5月の毎年恒例チャップマンズトーナメント、皆参加して楽しんで下さいね!!!

3月コース実習会

3月15日~21日までの1週間はイベント週間でした。1月のコース実習会は雪の為にほとんどが中止になってしまい、2月は私の体調不良でイベントが開催出来ませんでした。今回参加して頂いた方の多くは今年のコース実習会が初参加の方々でした。その為か、5日間のイベント週間は全て晴天に恵まれました。
22クラブスタイルの年間練習計画で行くと3月は「コースで試運転開始」です。レッスン開始前のミーティングで今までのチェックポイントを再確認してスタートしました。久しぶりのクラスの仲間とのプレーで皆さん楽しそうでした。練習をしながらクラブの飛距離をメモしたりプレーの時はミスした時のポイントをメモしたりと「スコアカードは真っ黒」になるほどでした。帰りは頑張ったご褒美にコンビニに立ち寄りアイスクリームを購入して車内で最後のまとめをして帰路に着きました。参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。

アプローチ練習

3/19(土)にショートコース実習会を大磯ゴルフコースで行いました。※ 2ヶ月前に小さいアプローチフィールドが出来ました。
今回参加者は全員、経験者でしたので朝のオリエンテーションでレッスンで学んだ事、特にアプローチを実践する。距離やレイアウトが違うホールをプレーするので、「パー4の2打目やパー5の3打目と同じだと考えてプレーしましょう」とお話しました。パッティングとアプローチの練習をしてコースへ。9ホールを2回18ホールをプレー…グリーンに乗らないホールが多く、「如何にダブルボギーを打たない為にも、アプローチの上達が大事ですね!」と参加した皆さんからの言葉でした。18ホール終了後、少し休憩をしてボールと目土袋を持って再度コースへ。今日のプレーでの反省を含めて様々な状況から1時間、芝の上からアプローチ練習を行いました。練習の成果はきっと本コースでのプレーに生かされますよ!
参加の皆様、 お疲れ様でした。