三山明光」カテゴリーアーカイブ

ゴルフは基本から。

現在、22クラブでは、10月期のカリキュラムを行っています。特に今回は基本の見直しと復讐を兼てのカリキュラムです。クラブの握り方、狙い方、構え方、姿勢の取り方、気持ちの持ち方と基本動作があります。基本を基に、色々なライでの体重のかけ方。ポールの位置などその場その場での対応が必要になってきます。ゴルフは色々な場所から打ちます。フェアウエイ、ラフ、林の中など対応が必要ですし、上手く打つためには、最低限覚えておかなければならない事が沢山あります。
22クラブのレッスン内容は非常に 整理され、分かりやすく、覚えやすく、良く出来ているなと心から思います。スイングでスランプに陥った時やボールが曲がってしょうがない時など基本を思い出して頂き初心に立ち返る事で、ゴルフに役に立てて頂きたいです。朝晩は寒くなってきましたが、昼間は、とても過ごしやすく気持ちよくゴルフが出来ます。是非とも基本を覚えていただき参考にして頂きたいと思います。このカリキュラムを構築していただき我々インストラクターにも、伝授していただけ山室先生に感謝しています。ありがとうございました。

急に寒くなりました

風邪など引いていませんか。これからの季節、寒くなるのはわかってはいますが、あまりも急に気温の変化は体に堪えますね。今週の2日の東京都の最高気温は、29.6°4日で29.5°真夏でした。6日においては、14.1°7日においては、12.0°この一週間で真夏から12月末の気温だそうです。夏物なのか師走のセーターコートなのか。着るものに困る季節感ですね。今年は、梅雨の時期がとても短く。早い時期に夏が来て、10月に入っても寒い日は少ないのかなぁとお思っていましたが、やはり日本の四季は、確実にやって来るのだと思いますね。着るものにしても季節の衣替えが必要ですね。特に近年の衣服は色んな意味で進歩しており、機能性に優れたものが多く発表販売されています。スポーツウエア、インナー子供服などがあげられます。しわにならないコットンシャツ、防シワ性付与、今まで以上に薄く保温性を高めた素材の工夫、レインウエアでは、雨を通さない機能が施されています。夏涼しく冬暖かく、ゴルフスイングの場合薄く温かいはとてもありがたいです。皆さんもインナー、ウェアー、アウターを駆使して、快適に秋から冬のゴルフライフを楽しんでくださいね。

夏のゴルフ

近年、7,8月に入ると地球温暖化のせいで、35°~40°近くまで、気温が上昇します。真夏のゴルフの敵は、なんといっても暑さですよね。巷では、熱中症の話題も多く聞かれますが、正しい情報と対策で、猛暑を乗り切りましょう。体調管理が必要です。ラウンド前の寝不足、深酒などは、避けてくださいね。又、ゴルフに集中するが為に水分補給を忘れがちになる方もいます。こまめに水分補給をして、十分に体を守ってくださいね。氷を入れる氷嚢、汗などを逃がす通気性、吸水性、速乾性、放熱熱性に優れたウェアーも販売されています。首に巻くネッククーラーなど対策をして無理をしないで、乗り越えましょう。

報告されました。・・・・

7月も早いもので後半に入り、夏かなと思わせる天候で暑かったり、梅雨の戻りのような天候が続きます。体調管理に気を付けてくださいね。
全国的にコロナの感染者が拡大しています。東京でもコロナ感染の陽性者が拡大しています。細心の注意をして、コロナ感染対策をしています。限定的な対策では、防ぎようがなくなるのも事実かもしれません。
ところで、生徒さんからゴルフプレーを終えて連絡を頂くことが増えました。内容は「バンカーショットが上手く打てるようになりました」とか「ラフからの打ち方がわかりました」「ベストスコアを更新しました」「やっと100を切ることが出来ました」などなどうれしい報告です。何か問題が解決できた時、思い通りにゴルフが出来た時、報告してくださいます。とてもうれしい事です。上手くできたことは、忘れないで何かメモでもして、覚えていてくださいね。練習場では上手くできてもコースでは上手くいかないこともあります。その時は遠慮しないで、相談してくださいね。みんなでゴルフ上手くなりましょう。

梅雨入りに備えて

八王子校で今年の梅雨入り予報の話題になりました。
今年の梅雨入りは早いのではないか、梅雨入りしたら、どんな事に注意どのような準備をしたらいいのか。
気象庁の予想では、梅雨前線の北上が早く、例年ですと6月7日頃ですが今年はどうなるか。ちなみに去年は、一週間遅く14日だったようです。
ゴルフの持ち物や注意点、「レインウエア、レインキャップ、タオル数枚、全天候型グローブ、着替え、ビニール袋などを持っていかれるといいですね」と話し合いになりました。また、雨に濡れたクラブは、そのままにしないで水洗い乾燥させて、お手入れをしてくださいね。

遅いコースデビュー

八王子校の複数の生徒さんから教室で報告したいことがあると言われ、何のことかなと聞くと、「同じクラスの生徒さんとコースデピューしました」と報告がありました。その方は、私が、知っている限りでは、 ゴルフを初めて6年以上も、「もう少しスイングが出来てから」とか「ドライバーが上手く打てるようになってから」とか。タイミングが合わなく6年間もコースに出してあげれなかった自分の責任を痛感していました。その中で、他の生徒さんが、コースに出ようよと何度もお誘いをしていて、やっと4月24日にデビューできたそうです。その生徒さんは、コースでは「とても面白いスポーツですね。早くデビューすればよかった」と喜んでいたそうです。
そうでしょう、面白いんですよ。今回、その方を誘ってくれた仲間に感謝したいと思います。また一人、ゴルフの面白さを知っていただいたことに感謝し、今度は、コースレッスンを含め、基本やルール、コツなども、お知らせしたいと思います。ゴルフを楽しみましょう。

言い方次第で変わる気持ち

先日講義の中で生徒さんから、うれしかった出来事があったと発言がありました。その出来事は、皆さんも経験があると思いますが、ラウンドをしていますと、前のパーティーが詰まってラウンド時間が遅くなったり、前の組との間隔が空いてしまったりすると「マーシャル」が来て、「急いでください!」などの注意勧告があったことありませんか。その際に、注意された組は「急ごう」と思いますよね。その生徒さんは、コースデビューの方がいて中々前に進むことが出来なかったそうです。「早く回らなくては」と気持ちは焦るし、自分のショットは出来なくなるし、負のスパイラルに陥っていた時にマーシャルの方が「お手伝いしますよ」と、声をかけてもらい、3ホールほどお手伝いをしてもらったようです。通常ならば、「進行が遅れています早く進んでください」で終わると思うのですが、今回のマーシャルさんの言い方と行動が、とても心に響いてこのコースの大ファンになったそうです。
ラウンド後、コースのフロントに行き、今回のお礼と挨拶をしたそうです。このコースのファンになりこれからも、何度も行きたいと言っていました。もちろんラウンドの時間がかかりすぎるのは、良くありません。ルールマナーを守って、ラウンドを心がけましょう。

エアレーション

3月に入り昼の気温が20°を超える日も増えてまいりました。
これから新緑の中でラウンドが出来る、ゴルフでいうトップシーズンに入ってまいります。
ゴルフ場も、これからの時期に備えてコース管理の方々がプレーヤーに気持ちよくプレーをして頂く為にコースの整備に拍車を掛けます。その整備の一つに、グリーンとフェアウェーの「エアレーション作業」があります。このエアレーションは、芝も、日々成長し、地面の中で、芝の根が入り組んできます。そのことにより、地中で、芝の根が呼吸できなくなり、根腐れや枯れてしまう現象を防ぐ大切な作業のことです。一般に、2月の終わりから、3月にかけて行われることが多く、機械でグリーンに丸い小さな穴をあける作業です。穴を空けた箇所に砂を入れる大切な作業なので少しの間、バッティングなどに影響が出る可能性がありますね。トップシーズンに向けて、コースも私たちも、準備をして、楽しいゴルフライフを送りましょう。

つらい季節が到来

3月になり東京でも気温が17°を記録、暖かく感じます。
特に2月はとても寒かったので気温の上昇は助かります。一年の中では、これからが、ゴルフシーズンです。楽しみな季節になりますね。さっ、ゴルフしましょう。ワクワクしませんか。今まで、練習をしてきた成果を試すことも出来ますし、ゴルフをする機会も、増えて来ますね。
その反面厄介なのが、「花粉症」です。皆さんは花粉症では、ありませんか。鼻水、なみだ目、集中力低下、担当する八王子校、所沢校でも、花粉症の生徒さんが、沢山いらっしゃいます。くしゃみ、鼻水、涙目、現在は良い薬が、沢山販売されるようになり、薬を服用しても眠くならないのどが乾かない薬も販売されています。上手く利用して、頑張っていきましょう。これから22クラブは、色々な楽しいイベントが目白押しです。スプリングキャンプ、チヤップマンズトーナメント、春のトラベルと続きます。スクールで学んだ事をフィールドで発揮する、楽しみですね。

パッティング大切

ワンラウンドのパーの合計は通常(72)ですね。18H 全て2パットだとすれば50%を占めますね。
何年もゴルフをしているが、「100を切ったことが無い、何が悪いのか?」を聞かれたことが何回もあります。22クラブでは、1つのホールを4つのエリア(ティーエリア、FWエリア、アプローチエリア、グリーンエリア) に分けて、 どのエリアがストロークで、一番ミスをしているのかを知り、そのエリアの改善強化に努めてています。ドライバー、FWウッド、アイアン、パターどれも、練習は必要ですが。とりわけ、パッティングに関しては、正しい知識と反復練習で、名手になることも可能なエリアです。スコアを作る上で、パッテングの大切さは、言うまでもありません。是非、パットを研究してください。ドライバーのナイスショットも気持ちいいですが、長い距離のパッティングで、ラインを読み切ってカップインした時の快感を皆さんにも、味わってほしいですね。