初秋の嬬恋高原

6月のゴルフトラベルに続き、秋のミニキャンプで、また嬬恋高原へ行ってきました。
今回はトラベル(食・遊・楽)ではなく、キャンプなので、2日間のコース内レッスンです。初日は貸し切りの練習コース4ホールを使って、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンの各ショット、ラフ、バンカー、マウンド越えのアプローチなどなど、様々なショット練習を行いました。ロブショットにも挑戦してもらいました。ショット練習後は、時間の許す限り、4ホールを繰り返しプレーしました。コースに慣れた2周目は、クラブ5本だけでプレーをしてもらいました。いつもよりスコアのまとまった方は、トラブルになった時に無理をしないでゲームを組み立てるヒントになったようです。いつもとスコアが変わらない方は、「そもそも、いつもこの5本しか使っていないかも…」ということを認識…。ニアレストポイントの見つけ方に関するご質問もあり、実際にやっていただきながら説明を行いました。翌日の白根山、浅間山を望みながらのプレーでは、前日の課題確認やゲームの組み立て(スコア)を行いながらラウンドをしていただきました。エチケットよく、スムーズな進行は、皆さんお見事でした。1泊2日で参加もしやすいとのことでしたので、またの機会には是非ご参加ください。貸し切り4ホールは最高でしたよ!以上、坂本先生からの嬬恋ミニキャップの報告「バトンタッチ」(前回のから読んでみてくださ)完了です。

嬬恋高原ミニキャンプ’2018

9月16日(日)~17日(月)の1泊2日で嬬恋高原に行って来ました。
軽井沢駅からクラブバスでコースへ送迎して頂きましたが我々だけの貸切でした。少し紅葉が始まっている木々や浅間山、鬼押出し、更に雲海も見る事が出来ました!
コースに到着して直ぐにキャンプ開始です。初日は嬬恋高原ゴルフ場の旧浅間コースを4ホールの練習ホールとして貸し切り利用。コースを縦横無尽に使用して皆さんから頂いた課題練習を夕方までじっくり行いました。終了後、ホテルの露天風呂(景色が最高)で疲れを癒し、夕食は和洋中のブッフェでゴルフ談議に花を咲かせました。二日目は18ホールのプレーで昨日の練習成果を確かめて皆さん、自分の課題に取り組み一生懸命、頑張っていました。2日間とも最高の天気で秋を感じさせる気温の中、ミニキャンプを無事に終えることが出来ました。参加して頂きました皆さん、本当にお疲れ様でした。

平成最後の年

平成30年の9月に入りました。『平成最後』という言葉が最近多くなってきましたね。「平成」という元号は、平成31年(2019年)4月30日で終わりを迎えます。次の元号は何になるんでしょう…楽しみですね…そして、ゴルフのルールも2019年1月1日に新しい規則が施行されることにより初心者の方々にもわかりやすいルールになるようです。これを機に是非ルールの事を調べてみて下さい。
今年後半のゴルフの予定はお決まりですか?22クラブのイベントは、毎年の事ですが盛り沢山です。ホームページでチェックして下さいね!ゴルフコースに行くには最高の季節になって来ました。銀座校の皆さんは、時間が今月から50分から60分になりました。この10分間をティーチングの時間として使用します。実技指導に先立って様々なゴルフの概念をお伝えしていきます。正しい概念は「無駄な練習」や「勘違い」を是正することが出来るのでなるべくわかりやすく皆さんにお話しするつもりですが、皆さんも不明な点は遠慮なく質問して下さいね。米国ゴルフ界ではレッスンの基本的手法として長年採用されています。基本を大切にこれからもレッスンしていきたいと思います。今年も後3か月半(笑)、ゴルフ楽しみましょう‼︎

実習会

8月の終わり、ファイブハンドレッドクラブで実習会、キャンプは無理だが日帰りは行ける方も参加。支配人曰く「ここは夏でも暑いと感じることがないので、ラウンジは全開、冷房無しでOKです」本当に涼しかったですよ!年数回ラウンドのKKさん「たまに、コースだと緊張しちゃうし、アプローチの距離の読み違えをするし、回数を増やして実習会に参加しよう」と9月、10月とも仕事を休み参加です。KMさんあわやホールインワン?130Yのカップのすぐ横をすり抜け1M先に着地、同伴者とキャディさん「残念折角だから入ってしまえば良かったのに!」キャンプに参加したFSさん練習成果の確認は、かなり満足気。KSさん「膝が痛いのでそろりと」ナイスショットの連発、頑張らないのが良いのかな?那須国際のミニキャンプも無理しないでね。
SMさん最近ホームコースの月例会に出始め、真剣にコースマネジメントを考えてラウンド「失敗してもダボ以上は打たなくなったよ!」と楽しそう。
暑いと言っていた夏も終わりを告げ、秋から晩秋はすぐそこ!コースに出るには丁度良い季節になりました。覚えたゴルフ楽しみましょう!!コース実習会も沢山ありますよ。

バトンタッチ

先に打った方と同じバンカーにボールが入り、更にそのボールが先に打った方のボールの側に止まっていることは、プレーをしているとよく見かける場面です。
このような場面では、先に打つ方はバンカーレーキを持って入り、後から打つ方の所まで足跡を均します。後から打つ方は、先に脱出した方と同じ所から出入りをし、バンカーレーキをバンカー内で受け取り、自身のショットに臨みます。そうすることで、無駄な足跡をつけずに済みますし、プレーもスマートに進めることができます。先日のコースレッスンの際、そんな場面に出くわしました。バンカーに入ったお二人には、上記の説明をしながら実際にやっていただきました。先に脱出をされた方がバンカーレーキを渡す際に、私が「バトンターッチ!」と言うと、バンカーレーキの受け取りと同時に、ハイタッチで「パチン!」…先に脱出した方は、これから脱出する方へ「あなたも上手く行くように」の気持ちを込めて。これから脱出する方は、先に脱出した方から「上手く脱出できた力を私にも分けて!」と力水を付ける様に。そんなお二人の気持ちが、ハイタッチに表れたようで、見ていてとても気持ちのいいシーンでした。ただ、お一人の方は、同じバンカーに入った時は、毎度、毎度、「バトンターッチ!」と言って、ハイタッチするものだと思われた様でしたが、その天然ボケっぷりは、皆さんを和やかにしてくれました。…以上、坂本先生の2本前の投稿(ご確認ください)からのバトンタッチでした。パクリではありませんので。

入っちゃった!

先週の馬込校のレッスンで「ホールインワン達成!」の報告を受けました。
クラスの皆んなで祝福して、当日の状況説明をしてもらい大盛り上がりでした。コースへ行く前のレッスンで「8割のスイングで1つ大きめのクラブで打つ」というアドバイスを実践したら・・・「入っちゃった!」そうです。
カップに入る瞬間もバッチリ見られて嬉しさ倍増だったようです。
「私も次にコースへ行ったら1つ大きいクラブで打とう!」「兎に角、カップ狙おう!」など皆さん、ホールインワンモードになっていました。しかし、忘れてならないのはゴルファー保険に入り「ホールインワン保険」が付いてるのか確認して置く事と一番大切な「キャディさん付きプレー」にする事を提案しておきました。
【※目撃者がいなければ保険金は貰えませんよ!】
私もホールインワンは達成したことがないので次回のゴルフでは1つ大きめのクラブを使ってみようと密かに思っています。

最近の銀座校は・・

先日、千曲高原のご報告をさせて頂きましたがキャンプに参加されたHさん。明らかに、キャンプに行った後レッスンにいらしてショットも変わり笑顔が増えました!なんとも嬉しい事です。ナイスショットの後のボソッと一言「キャンプ行って良かった。」しっかり聞こえた私は幸せです。(うれし~)昨年の暮れに入会されたNさん。「やっぱり、自分のクラブ欲しいです!先生、いつも使っているこのクラブが良いので買っちゃいます!」続かないで辞めてしまうかな?なんて心配は無用でした。(よかった~笑)
森永高滝に参加して下さったカップル2組が意気投合し、ご飯食べに行ってゴルフ談義に花を咲かせているようです。3ヶ月振りにいらしたYさん「お久しぶりです!全然練習してないです・・」とレッスン前は不安そうでしたが、やりだしてみると「あれ?飛びました!」ですって。ルーチンを思い出し、「一時毎週頑張って来ていたから基本が身についていたのかもしれません。」と本人がびっくり(笑)やはり、基本のGASPMは大切ですね!賑やかな銀座校・・これからも、基本を大切にレッスンしていきたいと思います!

バトンタッチ

8月のイベント週間(お盆期間)の休講も終わり、スクールが土曜日から再開しました。
サマーキャンプの報告を教室で行っています。春・夏と続けて参加してくれたYさんはキャンプの感想や内容をみんなに話してくれました。特にキャンプならではの夕方からのコース内ステーションレッスンが気に入っていて詳しく説明してくれました。9月の秋ミニキャンプに参加する方が同じクラスに3人もいるので打席での休憩時間にも質問責めにあっていました。私の説明よりも参加した方の感想はとても参考になったようでした。とりあえず、秋に参加する3人にバトンタッチですが来年の春のキャンプに興味を持った方もいるようでバトンは繋がって行きそうです。10月の日帰りイベント(コース実習会)もまだ、空きがありますので皆さん、ご一緒しましょう。

千曲高原CCに行って来ました!

8月11日(土)から13日(月)まで長野県千曲市にある千曲高原カントリークラブに行って参りました。お盆とあって東京駅は物凄い人でした。北陸新幹線の「はくたか」に乗り上田駅から、しなの鉄道で戸倉駅まで約2時間の道のりです。上田の駅に降りた時・・「涼しい!!」と皆さん笑顔に・・「来て良かった!」これだけで満足そう(笑)
駅までは、支配人自らバスでお迎えに来て下さり感謝、感謝!コースに到着して車でいらした方達と合流して早速練習場へ。フィールドレッスン開始!青い空、綺麗なグリーン、土の香り、ゴルフ場はやっぱり気持ちが良いです。レッスンでは、皆様からのリクエストの多かったグリーンエリアでのロングパット(L、LL)やアプローチエリアでのバンカーとバンカー越えのコシコシなど盛り沢山のコース内でのレッスン。「こうやったらいいのか!」「来て良かった!」(2回目笑)
そして、1日目のレッスンを終えホテルにチェックイン。ホテル近くの温泉で入浴後、昭和な、レトロな町並みを皆さんと歩いてイタリアンレストランへ。地元の方にしかわからないような所にある素敵なお店でした。美味しいお食事の後は、お散歩しながらホテルまで帰って来ました。途中、コンビニの前になんと足湯が!こんな所に足湯があるなんて!と皆で感動・・さすが温泉街です。2日目は、スクランブルゲームを行い4人の感想はそれぞれでしたが、「すごい!」「こうやってまわればいいのか!」と言っていました。「コースでプレーする事に慣れる!」これが「22クラブキャンプの目的の一つ」なので少しは達成出来たかな?そして、3日目。夜、遅くに雨が降ったのか道路はかなり濡れていました。早朝ゴルフに行かれていた方達を待ちながら話題になっていたのは、「全米プロゴルフ選手権」でのタイガーウッズの活躍でした。また、タイガーウッズが活躍してゴルフ界が盛り上がると良いですね!
早朝に行かれたFさん。「早朝行って、良かったです!」初めてご一緒する先輩ゴルファーの方の全てが勉強になったとお話して下さいました。ホールアウト後は、皆さん大喜びのおやつタイム。毎回、支配人はじめスタッフの方達には良くしてくださり本当に感謝しております。参加して下さった、皆様もお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。この経験が、今後のゴルフに生かせて下さったら幸いです。また、皆様とお会い出来る日を楽しみにしております。

サマーキャンプ

千曲高原カントリークラブへ、2泊3日の22クラブサマーキャンプです。今週は日本中、天候が不安定でしたが、無事終了出来て良かったと思いました。
皆さんもテーマを持っての参加、如何に3日で要望に応える事が出来るか緊張しました。車組はお盆の渋滞を想定して早めに到着、電車組は支配人が駅までバスで迎えに来て下さりコースで皆んなと合流。
コースの方々はいつも暖かく迎えて下さいます。
昼食をいただいたらすぐドライビングレンジに移動、支配人と山室社長は昔からの友人、特に使い勝手を良くして頂いています。練習場はラフも残しながらきれいに整備されていて、芝の上から練習をしました。練習場のレッスンで行っている腰―腰10Yキャリー。腰上ワンレバー、9時からキャリーとランの確認をするのに最高です。
最終組がスタートしたあと、コース内練習の始まりです。グリーン廻りから「膝―膝」のチップショットではクラブを変えランの確認。「コースに行くとグリーン廻りは持っているウェッジで行っていたけど、ランの出るクラブを持つようにすれば寄せワンでスコアアップ期待できる」「アプローチで距離が足らなかったのは、地球を打ってからボール。上げようと云う意識が強くセンターが傾いていたのですね。練習場のマットはミスをしてもそこそこ飛んでしまうので」
・・・・夕方は、いつもの日帰り温泉(瑞祥)に立ち寄りサッパリ。夕食はイタリアンレストランでコース支配人の後輩の店を貸し切りにして下さり、暖かい雰囲気で気持ちがゆったり出来て、ゴルフの会話も弾みました。
二日目、ラウンド後の休憩時間には、支配人自ら「フルーツあんみつのかき氷」を用意して頂き大感激、しかもスイカまで!暑さが吹っ飛びます。

夕食はそば処「萱」では蕎麦とお酒が美味しくて大評判。
最終日は良い天気、ハーフは練習成果を実感して、最後のハーフは恒例の「スクランブルトーナメント」です。元気よく廻り始めましたが、途中突然霧で真っ白に・・・、危険がないよう前方を確かめながら2ホール進むと突然サーっと霧が退いて何もなかったよう。晴れて良い天気で終了でした。体調を悪くされる方がいなくてホッとしました。締めくくりは「あんずシュークリーム」を頂きながら反省会でした。

銀座、横浜、所沢、馬込の22クラブの皆さん仲良しになり良かったです。今までより安心して、しかもスコアアップしてラウンドしてくれたら嬉しいです。チャップマンにも出ましょうね!キャンプに参加出来なかった方は、秋のラウンドレッスンでお持ちしています。