鎌倉パブリック」タグアーカイブ

実習会

先週のインターバルでは、丸の内倶楽部と鎌倉パブリックで実習会を行ないました。
コースにおいて、「基本 4ショットを何処でどのように、使い分けるか」・・・特にアプローチでの考え方としては、冬場で芝の状態が枯れていてボールのライがあまり良くない事が多いのでまず、「パターで出来ないか。次にチップショット、ピッチ&ラン、ピッチショットの順番でアプローチしましょう。」と。
皆さん、短いアプローチでは、いつも習っている、ヒザ~ヒザ、コシ~コシを上手に使って、アプローチしていました。でも少し課題が残ったことは、パッティングです。丸の内倶楽部では、MパットとLパットを中心に50cm、180cmを40分位練習しました。
また、鎌倉パブリックでは、Mパットを中心にパッティングをを30分位練習して、コースに出ましたが、実際、丸の内倶楽部でも鎌倉パブリックでも、グリーンでは、7~8m位と12~13m位の距離が残った時に「M~Lパット位のパッティングですよ」とアドバイスしてもショートする事が多くありました。話を伺ってみると「練習グリーンでは打てるのに、実際のグリーンでは沢山転がってしまいそうで、打てません」とのでした。メンタル面もあると思いますが、スコアーメイクにはパッティングは大切なので、コース行った時は、練習グリーンで沢山ボールを転がし、距離感を養いましょう。

鎌倉仲間

22club葉山主催で鎌倉PBへ実習会に行って来ました。
今回も銀座校のIさんが参加して下さいました。6月5日の実習会に参加されて葉山会員さん達と楽しくラウンドした事と自宅から東海道線(大船駅)からクラブバスを利用してコースまで1時間の好立地など様々な理由から今回の参加でした。スタート前の練習場で一緒のラウンドするAさん、Nさんと挨拶しながら「鎌倉仲間」に再会しました。
今回のラウンドはエチケット(グリーン上の立ち位置やクラブ、旗竿等の置き場所)を確認、ショットの方はルーチンの再確認を行いながらのラウンドでした。ラウンドをスムーズに進める為、マークをするタイミングとクラブを置場所への導線、パッティング・ラインの注意や観察と素振りの場所など、4人のボールと仲間の動き方を気に掛けながら一人ひとり「今何をしていればよいか?」話して行きました。
ラウンドの後半には率先して先にホールアウトした方がパッティングプレー中の方のクラブを持ってあげる姿が何度も見られました。「ありがとう」の言葉が「鎌倉仲間」の絆をより深め帰りには「また再会の約束」をして解散しました。22clubは関東近郊7校で開催しています。日程や交通など所属クラブ以外でもイベント参加が可能です。チャップマンだけでなく様々な機会にゴルフ仲間の輪を広げて頂きたいと思います。
参加した皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました。