22,ゴルフ,山室善弘,初心者,」タグアーカイブ

キャンプの目的は

以下は、22クラブの先生達に私から徹底している「キャンプの目的」ですが、皆様とも共有したいと思って投稿しました。
・・・・・・・・・・・・
ひと言でいうと・・・・
【ティーグラウンドに立った時に、不安が無くなる!】
【プレーをすることが、楽しくなる!】
【自分のショットに、期待が持てるようになる】
これらの目的をもってレッスンメニューやスケジュール、テキストを作成しているのですよ。
厳しい合宿と勘違いしている方が多いとか?
そうでは無くて・・・【コースでプレーする事に慣れる!】ことで、ゴルフが整理され落ち着いて、安心して、スピーディーにプレーする事が出来るようになるのです。
仲間と「ゴルフを楽しむコツ」も覚えて帰って欲しいですね。
普段はコース内で何球も打つ事(練習)は出来ません。キャンプ地を選択する際にはこの辺りを受け入れてくれるコースを選んでいます。
特に、千曲高原CCは昔からの友人が支配人をしていて「楽しんで欲しい!」と常に言ってくれていますので、コースと付帯施設を縦横無尽に使ってメニューが組めます。
休憩時間には「おやつなど」・・も用意してくれます。
22クラブのキャンプは「自由!選択」が基本。体力に応じて自由に休憩もOKです。
キャンプメニューには「昼寝」も入っていますよ!

楽しそう!・・・でも?

最近はどこのコースに行っても「ツーサム=2人組」が目立ちますね。二人だけで楽しそうにラウンドしていますが、チョットだけ気になることがあります。
それは「危険」と「進行マナー」です。セルフプレーですから、一人がプレーしている時の、もう一人の位置です。バンカーショットをするときにグリーン上を自分のボールに向かって歩いていたり、バンカーショットの正面に立って見ているなど・・・ショットされたボールは「石ころ」と同じくらい固いので、当たったら「大けが」をしてしまいます。
また、進行マナーでは「カートの停車位置」です。特に目立つのは自分のボール位置の横で止めた後、カートを発進させず「置きっぱなし!」・・・後続組がショットすることが出来ずに「遅延」に・・・。
それに、グリーン周りですグリーン手前や横に停車・・・カートをグリーン奥の「指定場所」まで移動させずにパッティング・・・終了すると、カートまで行って「パターをゆっくりしまい、グリーン横や手前から発進」この小さな時間ロスが重なると「プレーが遅延して、ハーフ3時間」なんていう事にも。
恐らく「知らないのでしょうね」…ゴルフは「伝承文化」です。先輩や上級ゴルファーと初心者のころは一緒にプレーして「エチケット・マナー・ルール」を教わるものなのです。
ツーサムも良いのですが「二人だけでは・・・」知らないままエチケット・マナー違反を犯してしまいます。これは悲しいことです。何よりも他のプレーヤーに迷惑を掛けていることに気づかないのは最悪ですからね。
スクールや本を購入して「学ぶべき」ではないでしょうか。

チャップマンの打合せと・・・

先生達がイベントに忙しいので私が本日、チャップマンズトーナメントのコース側との打合せに「姉ヶ崎CC]まで行って来ました。
高速道路は、空いていてとてもスムーズでした!
打合せの方も、久々に私が行った為ではないでしょうが、とても短時間でスムーズに終了できました。
さて、バカなことをして筋肉を傷めてしまった私ですが、「慣れている」と言うのか「何とかしてしまう」と言うのか、明日は茨城GCでプレーすることになっています!
先週は、かなり良い兆しが見えたラウンドで「ホントに病上りですか~?」と言って頂きましたので、「無理をせず」堅実にプレーを進めて行こうと思っています。
良く生徒さんや仲間から「肩が痛くて、手が上がらないので!」と聞くことがありますが、いつも「何で?」と答えるのです。それは、コネクションを保ったスイングをすると「右肘が上がったりしないスイングになるから」なのですね。明日もこれで「何とか」やって見ます。パットなどは両手が低い所にキープ出来れば良い結果になりますからね。※でも、どうなることか?

無理するから!

退院してすぐ、あまりにも貧弱になった筋肉を見て…自分の前腕、上腕、両太もも、ふくらはぎの外周やウェスト、胴回りを細かく、由紀枝ちゃんにメジャーで計測して貰っていました。
ゴルフの方は徐々に飛距離もテクニック、パッティングが良くなって来ましたが、そろそろ退院して一か月経過するので「再計測」しようと思っています・・・そこで自分の上腕(肘の上の部分)を見たら「プルン、プルン」しているので「あら!」・・・ここを少し筋トレして置かなくっちゃ!と、「上腕三頭筋」の筋トレメニューを始めたら・・・肩や胸の筋肉を傷めてしまったようです。痛くてクラブを振れません!・・・バカでしょ!(トホホ)

サロンパスカップ「無観客開催」決定

土曜日に茨城GCに行ったら、以下のような掲示がしてありました。
サロンパスカップ「無観客開催」決定のお知らせ2021年5月6日(木)~9日(日)までの4日間、当倶楽部で開催を予定しております『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』は、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、無観客で開催されることが決定されました。観戦を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。詳しくは、大会公式ホームページでご確認ください。

マスターズで松山選手が優勝を言う快挙の後だけに、盛り上がって欲しかったのですが「無観客」とは残念です。※私も例年通り観戦に行くつもりでいましたので。
でも、この大会で「渋野日向子」が初優勝して、ゴルフ界全体が元気になったのは記憶に新しい所ですね!、

緊急事態宣言(3度目)発出

本日4/25(日)から5/11(火)までの期間で3回目の「緊急事態宣言」が発出されました。
22クラブでは「通常のレッスン活動やコースイベント、キャンプ」を予定通り開催することにしております。
実際のところ、所属企業からはイベント参加や県外移動を控えるような通達も出ているようです。今回のキャンプ参加を楽しみにされていた方の中でも、止む無くキャンセルする方々も出ております。※残念ですが、仕方がありませんね。
ゴルフは「練習でも、コースプレーでも」広い場所で行われるので「三密」の心配はありませんが、各自が「感染防止策」を講じて置くことも大切ですね。

東京都からの要請の中で「ゴルフ練習場」は、プレーヤー以外の入場は禁止とされています。
GDOの記事には・・・「屋外のゴルフ練習場とゴルフ場には(1)入場整理の実施、(2)酒類提供の自粛、(3)午後8時までの営業時間短縮-の3点について協力を依頼する。これも法に基づかない働きかけという位置づけだ。 近畿3府県もほぼ同様の対応を取るとみられる。大阪府と京都府の資料には、屋外のゴルフ練習場とゴルフ場について「個人の練習、プレー等による使用は可」と明記されている」と書いてありました・・・。

ただ先日の月例研修会(米原GC)では、昼食時にマスクを外し、大声で会話をしていた方々がいました。私から「もう少し、お静かにお願いできませんか?」と声を掛けると、皆さんもすぐに反応して下さり「静かになりました」
全てのゴルファーは「エチケット・マナーを守る!」これが、ゴルフの原点ではないでしょうか。

練習は「不安だからする?」

今朝5時から練習場に行って来ましたよ!
「練習って、不安だからするのかな?」…途中で良い当たりが続くと「やめようかな?」と思ってしまいますが、そこで「苦手なクラブ」を打ち始めると、ミスショットが出るので、もっと続けることになるのですね。※これが私流です。
でも今朝は、150球(90分間)と決めていましたので「良い当たりもミスショットも、ある程度容認しました」理由は簡単です…筋肉へのダメージを少なくして置き、少しずつ元に戻すと決めていたからです。※素振りを多くして、筋トレも併用しているつもりなので。
ラウンドした時に「幾つか記憶に残るナイスショットをしたいですものね!」

休養してしまいました。

4/20(月)は、前日の月齢研修会から連日のプレーでしたが「かなり疲労してしまい」止む無く。4/21(火)は、ヴィラで一日中、休養してしまいました。今日4/22(火)も練習はせずに帰京しました。由紀枝ちゃんのリベンジマッチはまた後日にして貰いました(笑)
そして今日は、午後から黒沢先生が本部に来て打合せで今、やっと終わりました。
こんなに体力が無くなるとはビックリ!・・・・明日から、筋トレと打球練習を頑張らくっちゃ!

39でした!

4/19の月例研修会では100が切れてホッとしました(笑)。翌日は毎月恒例の由紀枝ちゃん接待ゴルフ?の為、スパ&ゴルフリゾート久慈に来ています。
体中の筋肉がカチカチでしたが、薄暮プレーでハーフラウンド。いつもの様に私は5本プレー(D#、6番アイアン、8番アイアン、SW、パター)…で、由紀枝ちゃんに7打のハンデです。
年齢が高くなったら、2週間の入院がこんなに筋肉と筋力が減退するのかと、ビックリしています。
今回のテーマは、「出来る事しかしない!」にしてプレーして見ましたが、何と「39」が出ちゃいました。ホームコースのせいでしょうが、改めて「ゴルフの基本マネジメントを改めて学びました」ーーー由紀枝ちゃんとの勝負は1打差で勝利出来ました。※ごめんね
でも、今日は疲労感が半端なく、ラウンドできそうも無いのでヴィラで休養しています。ネットで調べて見たら、回復には6週間〜8週間以上掛かると書いてありました。そんなに!と思いましたが、初体験なので楽しみながら努力して見ます。
目の前を皆さんが楽しそうにプレーして行きますが、とてもクラブを握る気にはなれません!

100が切れた!

全てのゴルファーの目標は、まず「100を切ること」ですね。
実は「100を切れた!」のは、昨日の月例研修会での私のことなのですよ!
一緒の組の方々は、「私たちの気持ちが分かったでしょ!」と言っていましたが、病み明けの私を気遣ってくれて、江崎さんがクラブを運んでくれたり、曾我さんがカートを近くで止めて待っていてくれたり、吉松さんが、励ましてくれたり・・・22クラブの皆さんは、本当にやさしいです!。
全く身体に力が入らない状態でしたが、こんなプレー内容でした。
ドライバーは何と「スライス」が出てビックリ…次のホールは、修正しようとリストを返してフックボールでOB・・・次はスライス、またフックと打ったボールに反射してしまいました。2打目以降は、考えられないチョロ(ゴロ)…おまけに池ポチャ…それもあるホールでは、60ヤードから2回続けて入れちゃう始末。皆さんはこれほどでは無いでしょ?前半も後半も2ホールを残した時点で「あれ?あと2打オーバー」すると【50】だ!大変だ!」でした。最終ホールでは何とか下りの2mを入れて…結果は「49,49」の「98」で「ああ良かった!」…恥ずかしいというよりは「100を切るプレッシャーをたっぷり味わうことが出来ました(苦笑)」
でも、病気ってこんなに身体が言うことを効かなくなるのですね!良い経験をしています。…校長先生(私)は、あきらめませんよ!
皆さんも「100切り!」に挑戦しましょうね!