22クラブ,ゴルフスクール,初心者,馬込」タグアーカイブ

昨週末はまさかの雪になり、1月期も3月になって一番の寒さの中でのレッスンでした。換気、消毒ばっちりの教室内で、オリンピック延期のお話から、なんで霞ヶ関カンツリー倶楽部がゴルフの会場に選ばれたのか?などのご質問をいただきました。その日のテーマからは少々脱線する内容でしたが、せっかくの機会なのでお話しさせていただきました。回答は来期のカリキュラムにもありますので、ここでは省略させていただきます。ついでだったので、「国立霞ヶ丘競技場」ってご存じですか?と質問をしてみました。正解は、旧国立競技場の正式名称です。私にとっては思い出の場所でもあるので、ずっと「霞」つながりで、いいなぁと思っていました。新国立競技場が出来上がり、正式名称(国立競技場。五輪開催中はオリンピックスタジアム)から霞ヶ丘が消えてしまいました。東京2020大会は霞と共に消えることなく、霞が晴れることを願うばかりです。

いつかは「程ヶ谷」で

日本ゴルフの変遷を語るうえで欠かすことのできない「程ヶ谷カントリークラブ」
2020年3月の月例研修会で、「なぜ程ヶ谷カントリークラブなのか?」と「オリンピックとゴルフの歴史」を交えてスタート前にレクチャーさせていただきました。
技術的なことだけでなく、世界中で永く楽しまれているゴルフの文化的背景にも興味を持ってもらえればと思い、テーマ設定をしました。レクチャーの内容は、来期レッスンのお楽しみということで。コース名の「程ヶ谷」に、「保土ヶ谷」では?と思われる方も多いと思います。現在の場所にコースができる前(旧コース)の所在地は、JRの駅名にもなっている「保土ヶ谷」でした。地名等の公式名称には「保土ヶ谷」を、文芸作品や歌曲などの文化面には「程ヶ谷」が用いられております。コース名の「程ヶ谷」には納得です。
そんなことが、クラブハウス内にある資料室に紹介されています。またの機会には是非(絶対)ご参加ください。

パッティングのレッスン

馬込校の各クラスでは今週、パッティングがテーマになっています。
簡単そうに見えて、なかなか難しいのがパッティングです。そこで活躍するのがツール(道具)です。ターゲットライン入りのパターマットやボールにラインを引いてフェースの向きをチェック出来たり、バスタオルを後ろから挟んでセットアップの確認、シャフトプレーンボードでクラブの軌道を確認、それから長さが5メートルのパターマットとアプローチ用のカゴとメトロノームを使用してロングパットを思う存分練習します。やはりツールを使っての練習は皆さん楽しそうです。
「なにか、いつもと構えた感じが違う」「こんなに早いテンポでストロークしていなかった」「シャフトプレーンボードにパターのシャフトをこすってスイングするだけで全てカップに入っちゃうんだよなぁ」などなど。パッティングの誤解をかなり修正できた感じです。パッティングは自宅内で十分練習出来ます。こんな時期(コロナ)なので尚更、練習出来そうですよね。次のラウンドに備えて今からコツコツやっておけばビックリするようなスコアが出るかも!練習は裏切りませんよ。

お道具

各ゴルフクラブメーカーから2020年モデルが発表されています。
購入相談にいらした方(選ぶ楽しみ)、納期に少し時間のかかる方(待つ楽しみ)、そして、待ちに待って購入された方(手にする楽しみ)。
自分の使う「お道具」が新しくなると、気分も一新され、練習に、プレーにと、いつも以上にやる気が増すものです。例年この時期に開催される「ジャパンゴルフフェア」で、各社の新商品をチェックします。残念ながら今年は、新型コロナウイルスの影響で「ジャパンゴルフフェア」が中止になってしまいました。とは言え、情報収集はいくらでもできますし、しておりますので、何か「お道具」のことでご相談事があれば、遠慮しないで声をかけてください。「お道具」と、わざと書いております。その昔、関西でお世話になったインストラクターの大先輩が、芦屋でレッスンをされていました。そこでは、「クラブと言わずに、お道具と言うのですよ。」と言われたことを思い出しました。ちなみにレッスンではなく、「お稽古」と言っていました。品よく、行きたいものです。

バンカーのイメージ

馬込校のステップ3の6回目と7回目は「バンカーショット」がテーマです。小さいながらバンカー練習場がありますので実践同様に砂からショット練習します。教室のティーチングでお伝えした基本を行いますが砂の上にターゲットライン・ボールライン・フットラインを書いた後で実打してもらいます。ほとんどの方が「不思議だな?コースだと上手くいかないのに、ここだと出るな!」とおっしゃる方が多いです。実は三本のライン以外に「サンドリング」と言うサークルをボールの周りに書いて、そのサークルの中の砂を飛ばすようにショット練習します。皆さん、上手に出ると「サークルのイメージが良いです」なんて言ってくれます。サークルの大きさは手の平くらいの大きさに描きます。バンカー練習を終えて打席に移動する時にバンカーは会社の先輩から「兎に角、砂を思いっ切り飛ばせ」って言われてたから、凄い量の砂を飛ばさないと出ないと思ってましたと本音を教えてくれました。そう言えば、レッスン始めた時にサークルの大きさが手の平くらいのところを頭くらいの大きさで書いていたのを山室校長に毎回、指導受けていたのを思い出しました。

ゴルフの醍醐味

先週のイベント週間は「宮古島ゴルフトラベル」から始まり、日帰りのコースレッスンを2日間、馬込ゴルフガーデンでは「鍋パーティー」をスクール生親睦会も兼ねて開催してくれました。
2月13日の東京ベイサイドGCは海の近くでクラブハウスが高台にあるので東京湾とアクアライン、富士山も一望できる素敵なコースです。しかし天気予報は雨。コースへ向かう途中は曇り空でしたがコースへ到着すると風が台風並みに吹いていました。参加者は全員女性で今までの経験の中でも一番強い風の中、プレーをしましたがプレー中はアドレスを取ると自分が飛ばされる位の突風が吹いたり、ピンが尋常じゃないくらい「しなって」いたり、フェアウェイやグリーン上にあるボールが突如転がり出したりと「風の体験」・・・今度は霧が発生して50ヤード先が見えない時もありました。後半になると、打って変わって快晴になり無風で半袖になるくらいの陽気に早変わりで天候が目まぐるしく変化するコースレッスンになりました。
プレー後はゆっくりお風呂に入り、反省会は皆さん自分のご褒美でケーキセットを食べながら女子会をして終了しました。反省会の中で風が強い時の対処やボールが風で動いた時のルールを再度確認しました。ゴルフの発祥の地でもあるセントアンドリュースは一日のプレーで四季が訪れるほど天候が目覚ましく変化することを伝えると「本場のゴルフを千葉で体験しちゃった!」と皆さん喜んで帰路に着きました。参加して頂いた皆さん、本当にお疲れ様でした。しかし今回は貴重な体験が出来ましたね。スクールの仲間やお友達に話してあげて下さい。

最大

毎年この時期のアメリカ男子ツアーは、私のお気に入りのコースで開催されています。教室内では、コースを見るだけでもいいので、時間があったらトーナメント中継を観ることをお勧めしています。
先週は、20年前に訪れたことのあるTPCスコッツデールで、フェニックス・オープンが開催されました。16番 PAR 3は、ホール全体がスタンドに囲われた名物ホール。17番 PAR 4は、ワンオンが狙えるなど、最後までエキサイティングなゲーム展開が楽しめます。4日間の観客動員数が史上最大のトーナメントとしても知られています。一昨年は71万人の観客動員がありました。昨年の日本の女子ツアー全試合の総動員数が68万人なので、驚きの数字です。
ちなみに今週はペブルビーチです。そして、フェニックス・オープンが終わると直ぐにアメリカ最大のスポーツイベント「スーパーボウル(アメリカンフットボール)」が始まります。毎年、このパターンでゴルフに、アメフトにと楽しんでいます。今年は私が応援しているニューイングランドのチームの出場は叶いませんでしたが、最後まで手に汗握るなかなかの好ゲームでした。優勝したカンザスシティーのヘッドコーチは、2020年2月2日に通算222勝目を飾りました。どこかで見た数字が並んでいるのにはビックリしました。Oh man !

スクール生、親睦会

22クラブ馬込校の馬込ゴルフガーデンでは来場者に様々なサービスを毎月行っています。
昆布茶や手作りジンジャーエールが出たり、カイロを配ったり自転車を磨いてくれたりと毎月、生徒さんも楽しみにしています。
そんな中、2月13日(木)にスクール生のみの「鍋パーティー」が開催されます。もちろんアルコールも飲み放題で3,000円です。鍋は馬込スタッフの方達が作ってくれますので安心して女性の方も参加して下さい。私は、その日ちょうどコースレッスンを開催しますが鍋パーティーの開始時間までに戻って合流したいと思っています。参加者は20名を予定していますがまだ4名だけ。参加できる方は早めに申込をお願いします。鍋の調理に私の出番はないので「お酌」ぐらいさせて頂きます。(いらないか!)

それぞれ

今年最初のイベント週間に入り、昨秋ゴルフを始めた皆さんを対象にしたショートコース実習会で、森永高滝CC(エキストラホール貸し切り)へ行ってきました。
「コースデビューの方」はもちろんですが「行き慣れたコースで自信をつけたい方」、「怪我や私用などで昨年コースに行けなかった方」、「初心に帰り、コース内で基本を改めて学びたい方」など、皆さんそれぞれ目的を持って参加をしてくださいました。
初心者の方は、先輩のナイスショットには「すごぉーい!」と思わず声を出したり、ミスショットには「先輩も失敗するんだぁ」と、ちょっとホッとしたりしていました。反対に先輩方に「ナイスショット!!」の掛け声を掛けてもらうと、照れ臭さそうにしているところは、いかにもルーキーらしく和やかな雰囲気してくれて良かったです。
私のつまらぬ「昭和な冗談」もこの時ばかりは花を添えていました。…たぶんですけど。

馬込校スタート

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。1月5日(日)から22クラブ馬込校がスタートしました。
朝一番は9時からのクラスでしたが12名中11名の皆さんが来てくださり嬉しかったです。半数の方が15分前に教室に来てくれて年末・年始のゴルフ話やお正月の出来事を報告して盛り上がりました。
その日は、全5クラスで今年の目標を聞かせてもらいましたが「スコアアップ」「会社のコンペデビュー」「一年間、健康でゴルフをする」「ライバルの勝つ」など様々でしたが楽しそうに話をしてくれました。私は皆さんのゴルフライフが楽しい一年になるように日頃のレッスンや毎月のコースレッスン・国内トラベルなど、いろいろな提案が出来るように頑張ります。
皆さん、今年も思い切りゴルフ楽しみましょう。